RSS

誘蛾灯の蛾

誰でも短時間でマスターできる聖杯手法なんてものはこの世の中に存在しません。
こちらは単純でごく簡単なロジックだと思っても、相手の感性・性格・能力はピンからキリまで。
理解できるひとは出来るし、出来ない人はできない。
自分が出来るから他人も出来るだろう、と甘く考えてはいけないのがFXの世界。
能力と言うとIQや偏差値を思い起こすかもしれないがそうではなく、性格に作用される感性の部分。
アタマで納得し理解出来ても、行動に結びつかなければ「絵に描いた餅」で終わる。
まず実行に移すには「大きなハードル」をクリアしなければならない。
内部葛藤という自分自身の壁である。
〇〇さんがこう言ったからではなく、飽きるほど検証を重ね、もう一人の自分と折り合いを付けて
「それでも▽▽だ!」と思える自信が持ててこその素早い決断。
トレードするのは自分、人間は自分で納得できる根拠を見出せないと自信が持てないのです。
自分のアタマで考え実行して、そのロジックを信頼して一歩前へ踏み出す勇気。
「結果良ければ全て良し」じゃなく、「これだけの根拠があるから〇〇になる確率が高い」と考えられ
るようになるまで検証を重ねれば、結果は後から付いてくる。結果に結びつかなくとも、納得できる有
意義なトレードができる。これが勉強であり経験として活きてくる。
楽して儲かる方法はないし、もがき苦しんで不安の中で葛藤してみることです。
リアルマネーでこれをやると高い授業料でタヒるので、デモでやってください。
「自信」が「確信」に変わるまではデモでOK。
負けず嫌いの方に課せられた高いハードル、やりようによっては「低いハードル」になります。
我が国の社会保障制度は長きに亘る景気低迷と引き締め政策・逆ピラミッド人口構成・少子高齢化によ
り破綻目前です。企業も若年リストラで労働者は都合よく使い捨て。
自分の時間を切り売りして汗水たらしても、報酬はスズメの涙。
これが現実です。
だからといって起死回生「FXだ~」と、苦しい部分を飛び越えて楽々常勝勝ち組へ、とはならない。
準備期間が必要になります。
誰でも短時間でマスターできる」なんて聞くと皆んな誘蛾灯の蛾になる。
くわばら くわばら。

 〈通算記事番号:1418〉


スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す