RSS

ラインを引くとき

基本的にローソク足のヒゲはノイズと看做します。
ローソク足の形状を判断材料にする分析方法、ピンバーや包み足などのプライスアクション要素を無視
するものでもなく、また微妙な動きを軽視してもいい等と言いたいのではありません。
ラインを引くとき、終値かヒゲ先か?迷ったことはありませんか?
4時間チャートでライン引きをするとして、2点のヒゲ先を結びその延長線上にプライスが差し掛かり
そうな局面を見て、タッチと同時にピタリと反応すると信じている方がいます。
どなたの影響でしょうか。
第3点目が機能するか否かに関わらず、「ピタリと反応する」ことはまずあり得ません。
切上げ・切下げラインや水平線、チャネルも同じです。
以前から述べてきたように、MT4プラットフォーム提供会社によってプライス標記がマチマチであり、
トレーダーの絶対多数がヒゲ先を重視しているわけでもないから、これは当然の成り行きです。
ヒゲ先思考の偏重は誤りであり弊害を生むだけです。
(ネット上の不正確な情報過信は禁物---発信者の責任も重い)
黙って座ればピタリと当たる的な、街中の易者のような独善的判断と流布はやめて頂きたい。
結果的に日足・4時間足のヒゲ部分を、1分・5分足スキャルで獲りに行って失敗する。
そのような針穴に糸を通すやり方もお薦めしません。
4時間足でヒゲを付けて終わっても、それだけでは判断できず、勢いが強ければヒゲをなぞって継続足
となることも多いのです。
ライントレードだけ、プライスアクションだけでチャートを読み解き、即座に執行することはまず不可
す。何故なら、これだけでは相場のモメンタムを高精度には把握できないから。
欧米のトレーダーにはラインチャート重視の方々が結構います。
世界中のトレーダーが様々な環境下で観察・分析をしていることを忘れてはなりません。
私はヒゲ先よりも終値を優先的に重視して各ラインを引き、ヒゲ先と終値の間を「のりしろ」
と解釈しています。いわゆる「あそびのゾーン」。
週足・日足など大きく捉えレジサポをゾーンと見ると上下を分けるラインが難なく引けます。
(この件については過去記事に詳細があるはずです)
指値を置くときのヒントになるでしょう。
またラインチャートでは確定ポイントが見えたほうが分かりやすいので下図のように表示しています。
Median Line
米ドルが売られているのに豪ドルはチャイナのウイルス騒動をもろに被り最弱で下落。
豪ドルは昨年10月安値に接近中。

レッスン生募集6
 〈通算記事番号:1426〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す