RSS

ドル円に注目

今まで何度となく警鐘を鳴らしてきた通りの展開となっています。
NYダウの暴落が激しく下げ止まりません。
日経平均も1万6000円台で、ブラックマンデーを越える勢いです。
為替もウイルス対策もリスクに対する対処は同じ。
リスクの適切な捉え方は、まず大きく風呂敷を広げて全体を覆い、徐々に部分を絞って根源を辿り解決
する。今回は初動からそれが出来ずに、リスクを過小評価し小さな風呂敷を被せては脇から逃げられを
繰り返すことで不安を煽り、後手後手に回って手が付けられなくなる悪いお手本でした。
消費増税を含む経済政策にしてもウイルス対策にしても、安倍政権の失政とのそしりを免れない。
危機管理が大甘なんだよなぁ。(かと言って他に候補は誰もいないし困ったものだ)
楽観論で青天井がいつまでも通用するなら誰も苦労はしません。悲観論を常に併せ持つに越したことは
ないでしょう。日経平均の日銀想定レートは19,500円位と聞いています。現在17,000円ですから一旦
は買い戻されそこまでは持ち直すかもしれません。でないとGPIFは大損ということになります。
HFの仕掛けはその後から始まります。
また、ドル円の各企業想定レートは107円から105円(ソニーが108円)。ドル円現在は105.0付近。
ドル円チャートは38.2%戻しており、まだ上昇の余地あるカタチになってきてますが、問題はその先。
嫌な展開シナリオとして、半値戻し(106.68)辺りからの急落も。
来週は100円割れも視野にトレードした方がいいですね。
20200313.jpg

レッスン生募集6
 〈通算記事番号:1463〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す