RSS

本日のドル円

米ドル買いの強い流れが現時点まで継続しています。
ドル円、短期の売りポジションの買い戻し(ショートカバー)は理解できるものの、それだけでは説明
が出来ないほどの上昇が起きています。不思議に思っている方も多いのでは。
真壁昭夫さんによると、
米ドル高の原因---世界中で暴落によるドル不足が起きている
         ドル建て債務の返済のための米ドル買い
原油は22.34ドルまで暴落し、ゴールド先物も売られ、現在 1,467.40。
異常な事態です。
しかしドル円は101.18まで下落したものの108.95まで回復してきました。
前の下落幅の76.4%位置です。
加熱度的にはそろそろ感も漂っており、売り目線も視野に入れたいところです。
だがテクニカルチャートではまだ売りの体勢になってません。
揉み合いを経ての転換にはまだ時間を要するでしょう。
20200319-1.jpg

レッスン生募集6
 〈通算記事番号:1469〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す