RSS

よい年でありますように!

みなさまにとって、
今年がよい年でありますように!


『ともかく具体的に動いてみるんだね
    具体的に動けば 具体的な答が出るから』 相田みつを

この言葉がいつも私の前にあります。




『数ヶ月で1億円儲けた』などの宣伝文句を鵜呑みにしてはいけない。

軽い問題を抱えている人が、焦ってそれを解決しようと、FXでの逆転を試みる。

が、上手く行かず、かえって窮地に陥るケースが多いようだ。

気が付いた時はもっと悪い状況になっていた、なんてことになりかねない。

こういう状態になってからでは遅いのです。


目先の損益で一喜一憂しているうちは、勝ち越すことは出来ない。

FXがどういうものかを知らないで、安易に真っ裸で参戦しないで下さい。

余裕のあるカネであれ、借金で工面したカネであれ、容赦なく底なし沼に吸収される。


私的考察では(公表数がないので不明)、

全体を100%とした時、勝ち組15%、負け組85%位かと思う。

勝ち組のうちの20%はプロ常勝軍団(HF等)

残りの80%は個人で利口な運用をされている方(全体の10%強)。

この内半数はトントン。半数が利益を上げている方(全体の5~6%)。

こんなものだろう。

一方、負け組85%のうち半分は一年以内に退場(負け組+トントン組で全体の90%以上)。

すると新規の客が必要だからまた誇大広告する。

この繰り返し。


ズブの素人がいつもカモになる。

年間1000万円以上稼いでいる人は、全体の1%位ではないだろうか。

2010年3月調べで、口座数は275万口(6,836億円)で重複を考慮すると、70万人~100万人がFX人口。

その1%というと、多くて1万人だ。

確かに宝くじよりは確率がいい。

スポーツのトップアスリートや特殊な技能を有する有名人・芸能人で

生き残っていく人はほんの一握り。人気商売だから仕方ないが。

FX勝ち組より遥かに低い確率だろうと思う。

それにしても、安易には勝ち残れない。厳しい世界であることに変わりはない。



『上手にやめる方法』 『上手にやめる精神構造』を構築しないと、勝ち残れない。

勝ち残るためには、小手先のテクニックではなく、

FXに対する精神の再認識・再構築が必要になる。


学ぶことに投資せず、無防備で戦いに挑むのは無謀を通り越して非常に危険だ。

ほぼ勝ち目はない。これは経験から断言できる。

だから、

無限に吸い取られる前に、負けない方法を学ぶのが利口なやり方だ。

吸い取られてから気付くのではなく、学んで万全な準備をしてから戦う。

これが常識ではないのか。

だが、関連書籍を何冊か読んで、高価な講習会に足を運んだだけで学んだ気になってしまう。

講習会などはどこかの証券会社のひも付きの場合が多いので、不都合な事は言わない。

無料の当ブログの方が有益かもしれない。


FX講習会やトレーダーと称する方の説明が実体験から来ているものならいいのだが、

そうでない場合は、負け方を学ぶ講習会になってしまうので、注意したい。


(勝てる技能や思考を有している人は、講習会の講師はやらない。講師料はいくらにもならない。
書籍を出して印税を得ようとはしない。ましてやアフェリエイト目的のブログなど論外だ。
FXをやっているほうが儲かるはずではなかったか。)

本当のことを書くと潰される。気をつけよう。

(銭カネを超越したところに使命感が存在する。洗脳教育。使命感なしにはできない。)

スポンサーサイト




デイトレードランキング