RSS

FXという迷路の出口探し

FXという迷路の出口探し
上手く行かず、一人で悶々と悪戦苦闘し、自信を失い考え込み、底なし沼にはまって焦りもがく時期。
誰もが経験することです。
ジタバタすればするほど沈んでいく人、藁をも掴んで九死に一生を得る人。
運よく脱出できたと思ったら再度深みに落ちる人。
細部に注意を払い過ぎると全体が見えなくなり、大きく捉え過ぎると小さな上下動で狩られる。
FXは難しいものですね。
多くの時間と資金を授業料として注ぎ込めば、自力で脱出できる可能性はあります。
スキル習得までに資金が枯渇しなければ、ですが。
個人の能力には差異があるため、何年で一人前になれるかとの問いには答えられません。
3年の人も5年の人も、10年の人もいるでしょうし、一生かかっても到達できない事もあるでしょう。
全財産を溶かして諦めざるを得なくなり、退場する方々をたくさん見てきました。
資金を貯めて再チャレンジしたものの、同じ失敗を繰り返して終わる方。
シシュフォスの神話(ギリシャ)を思い起こします。
 シシュフォス 【Sisyphos】---検索より引用
ギリシャ神話中のコリント王。 ゼウスの怒りを買い死神を送られたが,死神をだまし捕らえたため,
しばらく死ぬ者
が絶えたという。 重なる悪業の罰として,地獄でたえず転がり落ちる大石を山頂へ押し上げる永遠の空しい苦業を課
せられた。
あたかも苦行を強いられた罪人のようなトレードは、みじめでもあり愚かです。
最も重要なのは「資金の管理」、適当なストップは命綱ですから必ず守って下さい。
狭過ぎれば損切り貧乏になり、広過ぎればリスクリワードに合わず、アタマを悩ます課題です。
マインドとして、
目標を、「大きく勝つ」から「大きく負けない」に重点を置くだけで、手元資金が多く残ります。
FXに勝率は関係ありません。1回の大きな負けが命取りになるのです。
日々の勝ち負けで何とかプラス、この程度では専業はまだ無理。
デモトレードで真剣に向き合い、少額から始めて数か月連続で倍々ゲームが達成出来てからリアルに参
入しても遅くありません。(デモでは真剣になれないなら、1000通貨リアルでも構いません)
アベノミクス時の一定した上げトレンドでは、未熟でもホールドしているだけで勝てたでしょうが、現
在の相場展開ではその考えは通用しません。真にスキルが問われています。
的を絞りましょう。目線固定がしっかり出来て、確実に勝てる場所でしかトライしなければ高確率で勝
てるはず。少しでもリスクの伴いそうな場合は見送る勇気を。自分の力量に合ったトレードを心掛けれ
ば、資金は自ずと増えます。
ストップをずらしたり、デイトレだったものをスイングにしたり、自分で決めたルールを破れば命の保
証はありません。
分からない事や疑問が自力独学で解けないときは、躊躇せずに知り得た人に聞いてみる。
人間は万能ではないのだから、謙虚に素直に他人に聞いた方が早いし、時間を無駄にしないこと。
(正しい答えを持っている人に、です。答えが一つとは限らないのでどれを選ぶかは自分の選択で)
自分は弱者だと認め、弱者を食い物にする業者の存在に留意してかかる。
現在の相場なら週の持越しはせず、1日1日で締めていく。
レンジ相場であってもスキャなら1日数回のチャンスはあるはずです。
深追い厳禁、損も欲も引っ張らない。
「勝ち」は運にもたらされるものではなく、実力で掴みに行くもの。
互いに切磋琢磨して頑張りましょう!

NYダウが実体で半値戻しの位置、日経225も2万円手前で同位置。
アノマリーに従うなら下げの起点で要注意。
米ドル売りに警戒。
↓EURUSD
20200419-1.jpg
↓GBPUSD
20200419-2.jpg

レッスン生募集6
 〈通算記事番号:1496〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す