RSS

ビギナーの皆さんへ

FXで結果を残すにはどうすればよいのか?
世界中の賢者が長年にわたり知恵を絞ってきました。
それでも決定的な答えは出せず、現在も模索し続けています。
FXはゼロサムなので、誰でも苦労せずに勝てるとシステムが成り立たなくなります)
チャートは気まぐれで、期待を込めた方向とは逆へ進む傾向があり、個人の思惑などおもんぱかること
は一切ありません。
強い動意付けがあった場合はローソク足のエンジンが始動して、レジサポなんのそのと一方向へ伸びて
行きます。そうでない場合は空中に浮いた風船のように上と下からの風向き次第でフワフワと浮遊し、
参加者を困惑させます。
動意付け」の柱として、社会情勢や地政学リスクを主軸とした「ファンダメンタル手法」がありま
す。各国主要銀行の発表する金利の上げ下げをみて米ドルがどちらに動くのかなどがこれです。
一方、チャートパターンやローソク足の値動き状態から今後を判断するのが「テクニカル手法」です。
(そんなことは分かっているよ、と言われそうですが念のため。)
当方の押しは「テクニカル手法」。(ファンダメンタル手法では細部が読めません。)
強い動意付けで動く時(トレンド相場)は誰にも分かる一方的展開になり、順張り追従なら勝てます。
しかし、平時無風状態のときは風を読むのが難しくなります。
実はスキルの実力が露呈するのがこのレンジ状態の時です。
相場展開はどんな時も売り勢力買い勢力の押したり引いたりのバランスで構成されてい
るのはご存知の通りです。「買いと売り」or「売りと買い」で一対です。これは鶏と卵の関係であり、
どちらが先でも構いません。チャートは買いと売りの加熱バランスで方向性が決まります。
また上昇のための下げなのか、下降のための上げなのか、駆け引きも考慮しなければなりません。
バランス
私どもが最も重視しているのがZigZagの波とその思考です。

明らかな事実があります。
それは、方向性タイミングが掴めればビギナーでも一定量は勝てるということ。
初心者の皆さんにお薦めしているのは、「方向性とタイミング把握」の方法です。

以下、当方が辿り着いたMAzeroメソッドの概要を説明します。
この場にて現在使用しているチャートテンプレは掲載しませんが、大まかには
1)パッと見て普通のローソク足だけが表示されている普通のまっさらなチャートです
2)各インジの表示ボタンを押して加熱度を測り、一通り確認できたら非表示に戻す
 どんなインジでも常駐させると観察に偏りが生じ、冷静な判断を阻害します。
3)目線固定が出来て方向性にタイミングが合ってきたら、短期軸に移行して細部観察し、見計らって
 エントリーします。タイミングが合わなければスルーです。
どのインジを表示させるかは個人の好みで選択自由。
選りすぐった用途別のインジ、これらをザッと見て感触を掴む。力関係のバランスが見えてきます。
この操作を繰り返し、検証を重ねていくと、最後にはインジが不要になるでしょう。
しかし表示させるまでもない多数の見えないロジックが身についているはずです。
単一ロジックで挑んでも簡単には勝たせてもらえないのがFX。
多方面から眺めると見えてくるものです。

当ブログも回を重ねてもう少しで1500ページ到達で、一区切り。
読まれているのか役に立っているのか暖簾に腕押し推察できず、励みに翳りがあります。
次回からは1ページ当たりのボリュームを下げるか、これを区切りに間を開けるか、休止するか、考えて
います。話の内容も重複気味で面白くありませんよね。
ひとまず1500までは達成したいと思います。

レッスン生募集6
 〈通算記事番号:1497〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す