RSS

チャートの法則

チャートは一定の法則に従って上下に動いています。
その法則性の捉え方には、人それぞれのやり方があって当然です。
しかし法則に逆らうトレード手法は行き着く所「破滅」ですので、本物かどうか自分の目でしっかり確
かめ、さらに検証の後に実践すべきです。ロジック不明の商材に安易にすがることなく、自分のオリジ
ナル手法を確立していってください。
ひとつ前の記事で紹介したフェーズ着眼も「チャートの法則」に沿った観察法であり、再現性の面でも
かなり有効な思考なので記憶しておくといいでしょう。
まとめてみました。
目線固定-フェーズを意識する

チャートに張付けないのだがどうしたものか」
こんな問い合わせを頂いたりもしましたが、チャートの流れを大局的に捉えることでこの問題は克服で
きるのでは、と思います。
不安定さを伴う「回帰フェーズ」はスルーして、安全と思われる「乖離フェーズ」の到来を待つのもい
いでしょう。
クロス部分での長期ラインに対する短期ラインの抜けた抜けないの観察が大事なのは勿論ですが、最も
早いプライスの動きもお忘れなく。
フェーズ意識に慣れて、天底MAX確認法を身に付ければ第1波から狙うことも可能になります。
まず最初は長短同期する「乖離フェーズ」発見の訓練をして(すぐ出来ます)、安全な場所から仕掛ける
ことをお薦めします。長期ラインが反転するには長い時間を要しますので、安心放置で天底MAXまで追
従することで、利を伸ばして下さい。このような視点に立てばチャート張付きの必要もなくなると思い
ます。
(このページは公開期間限定につき一定時間経過後に削除予定)

レッスン生募集7
 〈通算記事番号:1511〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す