RSS

2020/06/05 GBPUSD

発表される指標の結果が悪くても上げ続ける株価と為替。
実体経済とかけ離れて、数字だけが一人歩きしている違和感、気持ちの悪さを感じています。
米失業率202004

本日夜に米)雇用統計・非農業部門雇用者数、失業率の発表があります。
良い材料が示されないままでも、織り込み済みとして上昇するなら「異常」としか言えません。
チャート的にはリスクオンなので追従なのですが、いまいち気乗りしない雰囲気。
なんか違う。GPIFの日経株買い支えなど茶番市場が見え透いています。
気乗りしない毎日です。
20200605-3.jpg
GBPUSDはそろそろ感が漂ってきました。

現在下図のようなインジを企画しています。
トライアングル(大・小)の表示があった場合に教えてくれる便利インジ。
多くの任意通貨ペア15分チャートと1時間チャートの表示切替付き。
見逃しが減ればいいのですが。
何も考えずにトレードして勝てるラクチンツール作りに挑戦します。
(勝率70%を目指し、目標は最低でも1000pp/月)
EA化も試してみようかなぁ、と。
Triangle_Info2.jpg

レッスン生募集7
 〈通算記事番号:1531〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す