RSS

ZigZagのパラ値

波の流れを観察するためのZigZagインジ、どのように使っていますか?
Depth初期値は12ですが、まさかこのままではないでしょうね。
ジグザグ波にはポイントになる箇所があり、最低それだけは押さえておきたいものです。
小さな波の頂点全てが見えても、ただ煩わしいだけで、節目が埋もれて返って混乱を来たします。
まさに「12」がこの状態。
3_Level_ZZ_Semaforインジは、波の大きさ別に「大・中・小」3種類に分けて表示するものです。
中でも大事なのが「レベル3」。これを参考にして、自分で変更任意パラを決めておくといいです。
パラ値固定にしたまま観察しても意味はなく、頻繁に状況に合わせて変更すると新しい景色が見えるか
もしれません。このインジを使うまでもなく、任意ラインを引く際の起点にしたり、エリオット波動の
波カウントにと何かと便利なので、素のチャートでも見分けがつくように訓練しましょう。
特に微妙な展開で迷ったときなど、機械的にはどうカウントしているのかは、判断の参考になります。
常識ですが、ビギナーさん向けのお話でした。

ドル円、週明けから3日連続の下げ。
20200610-2.jpg

レッスン生募集7
 〈通算記事番号:1536〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す