RSS

チャートを監視せずにトレードする方法はあるのか

チャートの監視なしにチャンス箇所を知る方法
チャート攻略には様々な方法があります。
これは一つひとつの手法(手法の引き出し)の意味ではなく、大きく捉えた場合でのこと。
深掘りに適度の達成を遂げた次の思考として、大数の法則に準じたものです。
(なんのことだか分かりませんね。)

1)少数の通貨ペアに絞って観察し、その中から多くのチャンス箇所を発見する
2)或る手法に限定し、多くの通貨ペアの中から多くのチャンス箇所を発見する

例えば通貨ペアをGBPUSDを主とするボンド系に絞った場合、ひとつの手法で見つけられるチャンスは
多くありません。よって手法の引き出しを増やす必要性が生じるし、それに伴うリスクも発生します。
上記とは別に、限定手法で多くの通貨ペアの中からチャンス箇所を探し出すためには、精度が高くリス
クを最小限に抑えた上質のスケールが要求されます。
あなたなら、1)か  2)か、どちらを選ぶでしょうか?

1)の段階をマスターした方は、2)の段階への移行を模索するはずです。
何と言ってもチャンス回数が多く、精神的に楽が出来るので。
(ロジックがシンプルなら、気をもむことなく思考が易しいという意味で、です)
しかしハードルがあります。
多くの通貨ペアチャートにラインを引いて、何時到来するかも分からないチャンスを待ち構えることが
果たして現実的でしょうか?人間の能力を遥かに越える作業が、実を結ぶと思いますか?
集中力が持ちません。並みの人間にはできっこない、です。
ましてや副業として片手間しか時間的余裕がない方には実行は無理です。
で、この克服法を考えました。
「一定の条件下で単一ロジックのチャンスサインが表示されたらエントリーを準備する」
これであれば、多くの通貨ペアの監視が可能となります。

試案は徐々にまとまりつつあります。
忙しくIN・OUTを繰り返したり、ホールドポジを気にして就寝が妨げられたり、チャートの動きが気に
なって本業が疎かになったりと、こうした弊害を払拭することが目的です。
現段階では半自由裁量方式で、EAではありません。

試しに、
この一週間試みて(体調が安定せず21時以降はチャートの観察はしませんでした)、個別カウント44回
(分散エントリーをしているためナンピンも個別カウントされて回数は多くなる)で、41勝3負でした。
実質トレード数は約12回、1日当たり2回~と言ったところでしょうか。
対象はドル円、ポンド/ドル。ポンド/円、ユロ/円、オージー/ドル、オージー/円、ユーロ/ポンド。
翌朝まで持ち越し、リセットの意味を込めてAM9:00~10:00に利確。
まぐれも手伝ってか、大きな逆行は一度もありませんでした。(常に本流方向にIN、STOP広め)
欲を言えば、夜間も監視していれば、更にチャンスを拾えましたが…。
監視なしでこの数字、文句はよしましょう。
結果は、計1469.6ppプラス。
(残念なのは全てが単一ロジック限定でのトレードではなかったこと。つい本気モードが出てしまい。)
分散INを勘案すると 実際は500~750pp/week当 と思います。
短期間のこととて確信には至りませんが、自信は深まり、理想に近くなりました。
(にわかには信じてもらえない数字が出ました)
20200611~2
この方法は先祖伝来「秘伝のたれ」、誰にもお教え出来ない当家の家宝と致します。


レッスン生募集7
 〈通算記事番号:1543〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す