RSS

三峡ダムのこと

今日の話題はFXとは離れて、最近WEB上で囁かれている中国の三峡ダムについてです。
大雨による長江近隣での大洪水が報じられ、ダム決壊疑念が飛び交っております。
「GoogleEarthの画像は編集上の歪みで、実際の構造物は歪んでいない」
「いや、歪んでいる」と、意見はふたつに分かれています。
私がGoogleEarthを確認したところでは、上流・下流にふたつのダムがあり、一般に紹介されているも
のは下流のダムではないかと推察されます。
下の画像は明らかに歪んでいます。
下流のダム
(画像取得日:2018/02/23 緯度 30°44'24.01"N ・ 経度  111°16'5.78"E )
下流-0
歪んでいてもいなくても、どちらでもいい。

問題なのは上流のダム。
ペイントで描かれたダムは、「山峡大覇(覇は左側土へんに覇)=さんきょうたいへ」という名称です。
(緯度   30°49'19.90"N 経度  111° 0'8.10"E) (PC用GoogleEarthで確認)
ペイントソフトで書き足し修正した不自然な建造物、画像処理が施されているのが気になります。
三峡ダム-1
画像に興味ない素人目にも違和感は感じられるでしょう。
三峡ダム-2
構造物とする部分が周囲より浮き立って見えます。
三峡ダム-上流3
↓左上の端の拡大部分
上流4
何故このような画像をGoogleが載げなければならないのか、見られては困る何かがあるのでしょうか。
謎ですね。(Google社には中華系の経営責任者がいると言うし)
また既に数万人の住民が避難済という報道もあります。
皆さんの画面ではどう見えているのでしょうか?こう見えるのは私だけですか。
実際に確認して教えて頂けると幸いです。


 〈通算記事番号:1550〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
33:管理人のみ閲覧できます by on 2020/06/24 at 22:38:20

このコメントは管理人のみ閲覧できます

▼このエントリーにコメントを残す