RSS

今週のGBPUSD

HiLoバンドの視点で今週のGBPUSDを観察してみると、
従来からのチャネルラインで全てが説明できてしまうほどカンタン明瞭な展開でした。
週明けから第4波調整が始まり思いのほか正確にチャネル上限まで伸びて行き、きれいに下降に
転じたのが6/24の水曜日。(水曜日のアノマリー的中)
もたつきはあったものの下落して第5波を描き始めました。途中でのレンジが不安を掻き立てま
すね。こういう場所での判断(レンジ部分)にHiLoバンドは活用出来ます。
20200628-1.jpg
HiLoバンドも長短組み合わせるとまた新たな景色が浮かび上がります。
20200628-2.jpg
単純な思考ですから多くの説明は不要と思います。

レッスン生募集7
 〈通算記事番号:1553〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す