RSS

中級レベル挑戦中のYさん現況

2月中旬に初心者から始まり、早5か月。
今ではとうに初心者レベルを卒業して難関の中級・上級レベルへ登り詰めてきたYさんから寄稿
文を頂きました。内面の葛藤は文章にして表すと鮮明に自覚できるもので、当方からの薦めで
もあります。(以下掲載します)
--------------------------------------
 卒業を先延ばしにして早3か月…先生にはご迷惑をおかけしております。早く卒業しろという
先生の気持ちもわかっていながら留年を勝手に続行中です。
それだけFXとは深いものなんです。もっと知りたいという気持ちがそうさせているのかもしれ
ません。もちろんお金儲けをしたいわけですが、最近はそこにあまり固執してないような気が
しています。新しいインジが続々と登場するのでそりゃやめられませんよ(笑)
 冗談はさておき、このところの成績はというと、5月に600程取れたのを皮切りに6月は…
なんとマイナスでした。なぜなんだ~と叫びたいのもやまやまで、同じようにやってるつもり
なんだけどなぜか負けてしまう。負のスパイラルに陥ってしまったようです。
もちろん100位獲るトレードもあるのですが、なんだか変な自信とともにポジポジ病が出てい
た模様です。あと、調子に乗ってロットも上げてしまい、今までは想定していたマイナス
(pips的に)でもすぐにロスカットを繰り返すという始末でした。
7月に入り、仕事が忙しくなったせいもあり、チャートを長い時間見ることも無くなったこと
が幸いし、少しずつではありますが栄光の5月に戻りつつあります。近況はこんな感じです。
 先生に、初級者から中級者になったうえでの感想をくれとの要望でこの文章を書いています
が、実際はまだまだです。がしかし、半年近くも習っていながら進歩してないなんて、先生の
名を汚してはいけませんので、中級者のふりをして最近のトレードに関しての考えを書きたい
と思います。
 何よりも大事なのは目線の固定なんですよね。これは先生から口を酸っぱくして言われてき
たことです。初級者ではこれが解らない。いわゆる環境認識です。
上なのか下なのか。マルチタイムフレームで環境認識しなさいと巷ではよく言われますが、初
級者には到底無理です。でも先生に提供して頂いたインジがあれば一目瞭然なんですけど…も
ちろん、そのインジの意味も理解していることが前提です。
方向が決まれば後は簡単!のはずですが、そうはなかなかいかないものです。上だからってや
みくもに買えばいい訳ではないんです。チャートは必ず波を作ってその方向に向かっていく、
これがエリオット波動です。波動というくらいだから波の動きですよね。
上方向でも2波は下向き、という具合です。この波の数え間違いでよくやられますが、大抵は
5波までですね。最も安全な第3波を取りに行くことができれば中級者の仲間入りできるのでは
ないでしょうか。私は今この辺にいると思っています。あとは目標までしっかりと持ち続ける
ことができれば、自信を持って中級者と言えるでしょう。
先生のインジがあるからできているのは間違いないですが…。
 今はエントリーのルール作りに一生懸命です。迷いをなくすためにこれが大事だと思ってい
ます。ZigZagトライアングルからの第3波狙いはそこそこ自信がついたので、第1波からエン
トリーするためです。最近先生のブログにMACDが登場していますが、これを使っています。
なかなかのもんですよ( ー`дー´)キリッ
『たかがインジ、されどインジ』やっぱりインジなしではまだまだ無理なようです。そろそろ
卒業を目指していかなくてはと思う今日この頃です。先生もう少しお付き合いの程よろしくお
願いします。
--------------------------------------
【一言】
インジに頼り過ぎるのはいけませんが、自分の欠点を補う目的を持って使うなら有意義なはず
です。私を含め人間は誰しも欠点だらけの生き物。欠点を自覚し、補うことでよりパーフェク
トに近くなるなら使うに限る。
Yさんは現在「チャートを見ないトレード」に挑戦中ですから、もう並みの実力ではありませ
ん。チャート張付き専業者なら立派に成功しているレベルです。
それも、会社経営で多忙な中、暇を見てのトレードはカンタンではないはずです。
特に夜間の12時間、翌朝まで4時間足3本の結果を捉えるのですから「神業への挑戦」と言っ
てもいいくらいの難関ワザ。
先日もお話しましたが、インジは現状置かれている環境データを正確に表示しているだけのも
の。その情報を利用して「如何に、どう考えるか」が課題なわけです。
根底にあるのは総論編で学んだ「エリオット波動論」での波カウントの存在で、これを強く意
識しなければなりません。
21:30の指標発表、23時のOPカットと24時のフィックスタイム。
これらにも動じない存在がテクニカルで言う波動です。
(重要指標時は避けるほうがいい。自然の流れが恣意的に捻じ曲げられてテクニカルで動かな
いことがあるためです)
波で始まり波で終わる。
いわゆるZigZag波形と、切上げ・切下げライン、ここから描かれるトライアングル図形。
勝利の女神が潜んでいる場所がここです。
確かに当方では欠点を補強克服するためのインジを豊富に取り揃えてはいますが、素チャート
をパッとZigZag波形がイメージ出来る程度の想像力は欲しいし、一覧表で多くの通貨ペア
の中から数個を選択し読み解くにはそれ以上の想像力が要求されます。
(レンジ相場で低ボラ時なら控えるべきですーーーこれも波が読めてこそ言えることです)
それに、実際の技術面では通貨ペアの選択如何にかかっています。
まぁ、そこまで到達出来なくとも、チャンス到来のサインは的確に表示提供されるので、単に
それを利用するだけでも充分な価値はあります。
1)エリオット波動論
2)通貨ペアの選択
この2点に留意すれば中級レベルもクリア出来ますよ!
エリオットの波が見分けられる便利インジを作ろうかと思っています。

レッスン生募集7
 〈通算記事番号:1563〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す