RSS

第一波から獲りに行く

第一波から獲りに行く
第一波と言っても観察している時間足によって見え方は変わり、指している場所が違ってきます。
ここではデイトレの観点で波をカウントするため、1時間チャートを基本にして述べます。
第1波の条件はご承知の通り、
1)切下げ・切上げラインの抜け
2)ネックラインがあればそれを抜けたか
3)直近の高安値を更新したか
4)波の何波目か
5)切下げ・切上げラインが引けているか
その他諸々の条件が揃った後で判明するものです。
どのような条件をクリアしようとも、後で分かったのでは後の祭りでエントリーは出来ません。
結局のところ、第一波の認定(暫定値)はそれが本当の天底であるかどうかの判別方法に掛かって来
ます。天底だと確信を持って言える強い根拠があれば、果敢に挑戦出来るというもの。
しかし第一波を掴めたとしてもそれが後半部分であれば必ずや戻しをつけ逆行するでしょうから、欲
を出さずに適当な所で利確をしないとマイナスになります。これが「お試しエントリー」です。
この間の経緯でZigZagを描き15分足での第三波が見えた辺りで、1時間足でのピンバーやアルゴが
ようやく確認出来てきます。この時点では1時間足ではまだ第一波の入り口付近です。
くどくどと連ねても何のこっちゃ!ですよね。
第一波を獲りに行くなら、天底の見極め方(チャートパターンやプライスアクション)も併用しない
と確信には至らないと言いたいのです。まさしくジグザグの頂点からのタッチアンドゴー。
V字で返す場合も、Wトップ・Wボトムを描く場合も、先の動きが読めない以上、初心者は第三波を
狙うのが最もリスクの少ない方法です。
包み・はらみもそれほど確証が持てるものではなく、オシレーターインジには負けます。
ピンバー出現にしても、クモの糸のように伝って高安値更新なんてこともある。
FXで先が読める方法は、
1)エリオット波動
2)ダイバージェンス
これしかありません。
ダイバーにしても、短期足では何度も繰り返して出現するので騙されることもしばしば。
15分などの短期足で出現した長いサイズのトライアングルは、1時間で見た小さいサイズのトライ
アングルに匹敵します。
第一波から狙って行く場合は、反転狙いなのでリスクは増大します。
じっくり粘って後出しジャンケン。
それが従来のテクニカル的判断でした。
が、時間が掛かり過ぎで待てない。
なので、別の方法を考え付きました。
機会があればお話ししましょう。

レッスン生募集7
 〈通算記事番号:1564〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す