RSS

今日のGBPAUD

GBPAUDの下落
二日連続で落ちてきました。
皆さんは下落のターゲットをどのような方法で捉えていますか?
ボリンジャーバンドやハイローバンドをただ眺めているだけでは分かりませんが、見える景色
が大分違います。1時間BBでは-1σでのバンドウォークが見て取れます。
色々な違ったチャートを観察すると視野が広がります。
それがワンクリックで出来るのが当方の強みでもあります。
直近安値抜けでエントリーでは遅いですね。もっと早くINする方法を考えないと上手く行きま
せん。高安値付近は注目ポイントのため揺さ振りが常ですし、下手をすると逆行の憂き目にあ
ったりします。「高安値抜けでエントリーする」というのは教科書に書いてある大間違いです
ら、良い子の皆さんは絶対に真似しないでください。
↓1時間チャートに4時間BB表示
20200722-A.jpg
↓Hi-Loバンド
20200722-B.jpg
↓フィボを使ったターゲット
20200722-C.jpg
過去の安値2点を結ぶ延長ライン上でしっかり反応しました。
1時間足で下ヒゲを作ってもまだ安心は出来ません。
フィボ176.4%タッチでほぼ達成感ありと考えられますが。
WeeklyPivotのサポ3~4ゾーンでもあり、一度は返されるでしょうが昨年7/30の安値が直下に
控えています。そこまであと150ppと、手の届く範囲に来ているので更なる下落も想定に入れ
て対応すべきと考えます。
Wボトムを描くにはまだまだ時間が掛かりそうだし、チャートパターンでは読み解けません。
そんな時、特製のMACDが強力な武器になります。アルゴもお忘れなく!!

レッスン生募集7
 〈通算記事番号:1567〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す