RSS

FXに関する一般論

「FXはインジケーターだけで勝てるのか」という広告のキャッチコピーを見て思うのだが、イ
ジの使い方・インジに対する考え方によるのかな、と。
むやみとサイン出る出るタイプのロジック系インジは中身の仕組みも不鮮明なブラップボック
有料商材に多い。ただサインに従えとばかりに矢印を連発しまくるものだ。
内容に真から納得出来なければ従えない、それが人間と言う生き物。PDFの簡単な説明書を読
だだけで理解は出来ても納得は出来まい。

インジには「ロジック系」と「便利系」があり、混同してはいけない。

1)ロジック系は、思考そのものが最優先で売りの目玉となる。
「はい!サインが出ました、エントリーして下さい」というやつ。基本原理を理解し検証の
に納得出来て実施できるのか。勝ち目があるか否かは自己検証して初めて分かる。
しかし、他人様が良くても自分に適しているとは限らない。
勝ち方は人の数だけあっていいし、どの方法も正しい。
でも負けの原因は共通して「ひとつ」、資金管理に尽きる。
手っ取り早く楽して勝ちたいと、焦ってロジックインジを購入したところで、考え方も知らさ
れないのでは役立たずで終わる。
「どの方法も正しい」と言ったが、条件がある。
「効率と勝率」、言い換えれば、確率は繰り返すほど一定値に集まるので、トレードすればす
るほど負けが込むルールなら採算ベースに乗っていないので採用は出来ない。
確実性が求められるルール作りは自分の手で行うべきである。
自分で検証をして「これだ!」と信じられるやつ、半信半疑では何をやってもダメ。
色んな考えに触れて実行してみて、その中から自分に合った思考を選ぶ。
あとは宗教と同じで、「信じる者は救われる」。
数億勝てるという煽り文句の聖杯もどきインジは数万円でも高いし、本物の打ち出の小槌は大
金を積まれても他人には渡せないのが本音ではないかな、と思う。
思考は自分のアタマの中からひねり出すものであり、他人任せはよろしくない。
安価なロジック系商材に身をゆだねてはいけない。

2)次は「便利系」、個人の欠点を補うタイプの物と、利便性を追求するタイプの両者がある。
使い方によっては大いに役立つ。
FXに取り組むうえで最も大事な「環境認識(方向性)」と「タイミング」と「過熱感」。
この三要素は絶対に欠かせないのだが、多くの方はこれを無視するか最初から考えていない。
だから当然のこと勝てるわけがない。インジは思考の補助であり、基本は思考そのものだ。
或る特定インジを常駐させていると人の注意力はそこに集中して視野が狭くなる。
これは悲しいかな人間の本来有している致し方ない必要悪的本能ともいえる。
が、これが宜しくない。幅広い視野を持ててこその思考なのだから。
異なる考えの狭間で葛藤が生じるのは常であり、それをまとめ上げる総合力を養うべき。
相場の再現性と継続性に期待する面はあるが、確率論で切り抜ける。
「屁理屈」ではない純粋な「理論武装」。
理論武装の手助けになるのが便利系インジ、ストレスを感じさせないためのインジ。
結果は環境認識の仕方で決まる。
認識が甘いなら、部分補強すれば改善する。
やり方を知らないなら知識を持っている人に聞けばいい。
FXというものを、理性をもって考えれば分かること。
ネットの宣伝に決して踊らされないよう注意しなければならない。
基本思考がしっかり軸にあって、あれば便利という「便利系インジ」なら、これは使える。
インジは思考を助ける「付録」です。

FXで9割が負けて、勝ち組は1割といわれている現実。
危険な際物FXに手を出すなとか、巷では間違った常識論がまかり通る。
「だからナニ?」
これをあたかも難関ハードルのように捉えるのは愚の骨頂で、学ばない9割が負けている事実
を表しているに過ぎないと、何故思えないのか不思議だ。
自分を知らないと体質改善も出来ない。
運を味方にするのではなく、計画的に知的に狙う。
そうすることでFXは学問となり、探求心の強い者が残り、1割の仲間入りができる。
9割のアホがいて1割が勝てる、一定程度の必要養分がないと花は実を付けない。
学ばない多くが存在してこその利益とも言える、どうか学ばないでいて欲しい。
9割とか1割とか難関とかは一切関係なく、ただ自分を高めればいい。
他人との比較からは結果は生まれない。
テクニカルの実力は、内面で磨かれて向上していく、葛藤と切磋琢磨だ。
探求心と向上心が大切だと、一般論を口で言うのは簡単だが楽しくなければ続かない。
こうした日々を楽しく送っていくことで、結果が自然についてくるようになり、気付いたら本
物になっている。楽しいのと楽をするのは、同じ漢字でも意味が違う。
穿き違えてはいけない。
職業的にトレードを行うには、楽しさより効率が求められるし、結果が全てである。
種をまかないと実を収穫できない。
先行投資を怠れば果実は皆無。
(先行投資とは資金もそうだが、学ぶ努力やそれにかかる時間の消費も含める)
FXに限ったことではない。

レッスン生募集7
 〈通算記事番号:1570〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す