RSS

画期的な思考法完成

FXトレードを行う目的はただひとつ。
「利益の確保」のためです。
取り組み姿勢もいろいろで、論理根拠の存在しない運任せのものから、ロジックインジサイン
りのものや、見た目(自分の感情)重視のものまで多種多様。
世界の政治経済情勢に重きを置いたファンダメンタル思考ほど移ろいやすいものはなく、情報
者である一般庶民は、いつも後追いで失敗する立場に置かれ、市場の養分となって溶けてい
く。9割の養分層があってこその1割層の利益であり、ここから学び取ることが出来なければ
生涯の養分層として最後まで市場にしゃぶり尽くされることになります。
チャートを読み解くには、テクニカル手法のライントレードが適しているのは言うまでもあり
ん。でも、ただラインを引けばいいという訳ではなく、また適切に引けたと自認してもそ
れが結果的に正しかったかどうかは後にならなければ判明しません。
市場思惑の先読みほど難しいものはないのです。
だから「予想はよそう」なのです。
未来を予想するのでなく、単に強者に追従が出来ればいいわけで。
強者に逆らっても勝ち目はありません。

流れには節目があります。
誰がどのような方法で捉えても、節目ポイントはみんな同じ一点に絞られます。
であればそのポイントを捉えればいいだけなので、労ぜずして捉える方策はないものか、と。
ありました、ありました。
公開して真似されるのも嫌なので詳細を書けないのが残念ですが、かなり画期的な思考・取組
みです。チャートは見ても見なくても、どちらでも構わないというもの。
多少の基礎知識と情報の正しい見方が出来れば、初心者はもちろん、長年勝てない方でも、全
く関係なく、効率よく結果を残すことができます。
市場の養分の役目から早くおさらばして下さい。

レッスン生募集7
 〈通算記事番号:1578〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す