RSS

世界中が何か変だ。

世界中が何か変だ。おかしい。

ギリシャやスペインの暴動は国の政策に対する反対表明だけなのか?

欧州中の市民が「世界はおかしい・・」と考えるようになった。

そしてその「変だ」を突き詰めて行くと現行の金融システムや資本主義に突き当たる。

欧州各地の大規模デモは突発的な出来事ではなく、

ウォール街占拠とも共通する金融システムの破綻を意味し、益々この意識が高まっている。

この日本では、3.11以降国民の意識が180度変わった気がする。

政府のウソ、情報隠し、マスコミのウソが国民の意識を変えた。

私は新聞とテレビは卒業した。金を払って洗脳されるのは御免だ。

リーマンショック以降、世界中を支配しているウォール街の金融システムのトップにいる支配者たちの

ウソや陰謀などが徐々に暴かれてきた。

そして益々広がる個人や国家の貧富の差やそれに起因する暴動、企業による自然環境の破壊などの

情報があっという間に全世界へと伝わる。

フェイスブックなどのSNSが世界を変えていくような出来事が多発している。

大量消費の金融資本主義から、消費しない循環型再生社会へ自然に転換していく。

消費は犯罪だという風潮が生まれれば、消費税がどんなに高くても税収は上がらない。

国民は愚かではない。




スポンサーサイト




デイトレードランキング