RSS

GBPUSD続報

GBPUSD続報
久し振りに移動平均線を用いて観察してみました。
図のMAは、EMA6+EMA21+EMA55の三本です。
見た目上は、EMA6+EMA21の2本の被り具合が、適切と思われます。
ポンドルは目下天井高値を付けての調整下降局面で、日足レベルでの転換とは認められないも
の、この下落には追従する価値があると考えられます。
このMA使用はスキャル目線での回帰ターム追従に適していると思います。
以下参考画像を載せます。
20200902-5.jpg
現在MA6のカバーが強いので短期切下げライン若しくは当日始値まで戻る可能性があります。
そこが戻り高値となるでしょう。

レッスン生募集7
 〈通算記事番号:1596〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す