RSS

チャート観察の手順

チャート観察の手順
1)まず最初に通貨の強弱を確認する(CCFP)--- 米ドルを基準に考える
2)次に現在における通貨ペアの動向(CurrencyRankとボラティリティ)
3)トレードスタイル毎の時間軸での第三波の発見---切上げ切下げラインが引けるか
4)以上で目線固定が出来ているはずなので、最後にタイミングを計る
確かな方向性を狙うなら逆張りは禁物。節目狙いならMACD4時間のGC&DCまで待つ。
この工程を毎日のルーティンにするとよい。

現在はどの通貨ペアも動きが激しいですね。米ドルに上昇圧力が掛かって来ました。
MACD4時間のGC&DCはダイバーコンバーでもう一波継続もあるので加熱度を見ることも
れずに。最初のダイバー出現は不発の場合もあります。
EURUSDは目下、下落継続中ですが、MACDクロスが見え一旦下げ止まる可能性あり注意。
昨日から上昇勢いの顕著なものにGBPAUDがあります。1日で200pp上昇。
20200924-1.jpg

レッスン生募集7
 〈通算記事番号:1618〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す