RSS

退屈なトレード

相場世界では、『頭と尻尾はくれてやれ』という言葉をよく聞く。


全部獲れたらいいだろうなと思い、狙うと失敗する。


で、頭と尻尾に食いついても、うまみがないのだと知る。


そこは危険が一杯隠れていて、方向が読めない『曖昧ゾーン』と、後で分かる。


誰でも容易に理解できる安全確実な部分こそが、一番美味い部分なのですね。


チャートが平面的にしか見えないと、抵抗の奥行きが掴めないが、


あるものを使うと見えなかったその奥が見えてくる。


3D画像のようにチャートが見えると、隠されているファンドの思惑が透けて見える。


手法は従来と変わらないが、プラスアルファが大事だと感じる時がある。



危険ゾーンは触らず、安全第一で行くのがいい。


100p動いて100p獲れなかったと悔やむより、その半分を楽して獲得するほうが利口だ。


月の目標pなど度外視して、より安全確実なところへ大きく注ぎ込むことのほうが、いい。


冒険は一切しない。 


結果の見えているガチガチの銀行レースほど、つまらないものはないのだが。


だが現実を考えれば、面白味のないトレードでも、遊びではないので仕方ないか。


仕事とはホントたいくつなものとしみじみ感じ入る。


ワクワク、ドキドキ、ハラハラのトレード時代が懐かしい。


そういう意味で、FXは専業にしないほうがいいですよ。







スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す