RSS

FXは絶対評価の世界

 人間行動学・心理学の見地から見た場合、必要以上に強い願望を抱いた精神状態でチャート
に向き合うと、引き描く任意ラインにその思いが乗り移り、自分に都合の良いラインを引いて
しまことがあります。これを揶揄して「トレンドラインではなくオレンドライン」。
数時間経過後に再度眺めた時に改められればいいのですが、冷静さを失いつつ観察すると更に
長され、そのラインに祈りを込めるようになる。こうなったらもうラインは意味を持ちませ
ん。念を送ったり、神頼みをしたりの、あの例のヤツです。(笑)
ラインはテキトーに引くのではなく、一定の基準で要件を満たしたものであるべき。
テキトー」ではなく「適当」なラインです。(日本語の曖昧表現)
平常心を冷静に保ち、感情に振り回されないようにする。
結果が出た後であれば適宜なラインは誰でも描けます。答え合わせは至って簡単で完璧な出来
え。しかし、事前に自分の手で待ち受けるラインが引けたとして、そのラインを信じること
が出来るか否かは別問題です。失敗経験を何年も重ねてしまうと成功体験がない分だけ、自分
自身を信じる力が欠如しているために、疑心暗鬼に陥ってしまう。自分の力量を信じられずに
行う不安トレードを想像して下さい。無意識で自覚がないだけに最悪ですね。
 FXで勝てるようになるためには、一定基準レベル以上の正しい知識と判断力を有することが
られます。これは100人中の上から10位以内と言った相対評価ではなく、一定ランク以上
能力を持っているかの絶対評価で審判が下されるものであるからです。
能力のある人・ない人が結果となって歴然と表れるのがFX。
大きく損失を膨らませる以前に準備をして基礎知識を習得しておきたいものですが、現実はそ
はなっていないようで、残念です。コピートレードや配信に頼ることなく、自分の裁量で判
することで経験となります。こうしないと何年経っても自信がつきません。

GBPJPY-M15  狙ってみる価値があるカタチ。
20211018_GBPJPY.jpg

募集バナー04
 〈通算記事番号:1914〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す