RSS

FXに必要な心構え

FXに必要な心構え

私は自分の手法を決めるまで、ほぼ全てのことを試してきました。
俗に言われる「聖杯探しの旅」もやり尽くしました。
そして、これがあれば絶対に勝てる武器など、どこにも無いことを知りました。
(ただ、自動売買だけはやっていません。自動売買をやるならFXはしないほうがましたと思っていました。)
何か秘密の誰も知らない手法をもってすれば、1晩で億万長者になれるのではないかという「夢」を見た瞬間もありましたが、宝くじの1等を当てるようなものだと理解できます。

その間、バーチャル取引はほとんどやりませんでした。数年間の勉強期間で数十万円は費やしたと思いますが、それ以上の損失はありませんでした。
授業料だと思えば必要経費は仕方ありません。
根が「損をするのが嫌い」なので、救われたのかもしれません。
でもその頃は、負けが連続するとつい熱くなる感情を抑えられず、連敗の連続ということもありました。後で見ると、この連敗がなければトータルで勝てているのに、と何度も思ったことかしれません。
こういうことを第三者(先人)に教えてもらえたら、こんなに無駄な時間は費やさなかったのにとも、思います。
全部独学するしかありませんでした。とても孤独な長い作業だったような。
自分にとっては、沢山の過去の無駄が現在の宝です。

勝つうえで、自分を知るということは絶対条件です。
自分固有のクセが人間なら何かしら存在します。
FXで勝つためには、あってはならない悪癖に気付いたら取り除く必要があります。
自分に謙虚になれない人は、これができないし、自分を見詰め直すことがない。
そしてうまく行かないと後悔ばかりする。
後悔する割には、人から学ぼうとしない。
プライドが高いのではなくて、素直に「はい」と言えない何かを持ってしまっている。

年齢や性別に関係なく、そのような方が若干存在します。
勝てなかった、上手くいかなかったら「手法」が悪いからだと、判断する。
かつての自分もそうだったのかもしれない。
経済的な損得を最優先していると、見えてこないものがあります。

最近では、手法は自分に適していれば何でもいいと思っています。
その手法を司る自分の思考がしっかりしていれば。

「損失」や「利益」を決めるのは、自分の思考です。手法ではありません。
だから、後悔するのではなく「反省」をするのです。
反省すれば学ぶものが見つかりますね。
これが「検証作業」です。

「わかっちゃいるけどやめられない」では、FXで勝ち残れないのです。
「マイルール」が必要なのはそのためです。
勝つためのルールを決めても無駄になります。
負けないためのマイルールを細かく決めるほうが、いいのです。
それに順じていると、結果が後から自然に付いてきます。

具体的には、今日は○○pips獲るぞ、ではなく、
動くポイントはどこだろう、と考えることです。
学べば知識があれば見えてくる場所があります。
そこで動いた方へ付いて行く。
難しい考えなどいらないのです。

これが実行できる人と出来ない人との違いは大きいです。
手法ではなく、思考です。


1)視覚的にチャートを追っていると騙されます。
2)思い込みや期待や願望をチャートに挟まない
3)インジケーターを過信しない。
4)自分の思考尺度の精度を上げる
5)自分で決めたマイルールに沿って機械的に判断できるようにする。
(時間帯、エントリー根拠、原因と結果、背景と事実、チャートには色々なことが隠されています。それをどこまで読み取ることができるか。能力が試されている。)
6)大衆の手法でチャートを観察しながらも、一つヒネリを加える。
(チャートの中に入って主人公を演じてしまうと観客が見えなくなるので、客席から見る冷静さを失わない。)
7)チャートは推進波と調整波で、蛇のように身体をくねりながらでないと動かないものです。色々な時間足で、色々なチャートで観察しないと何処へ向かっているのか分かりません。だからラインを1本引いて見るのですが、引き方によって見え方が全く異なることも事実です。ラインの引き方や観察の仕方は勉強すればできますが、そのままでは思考結果が異なるので、思考方法も統一することが必要になります。

奇抜なことをやっても勝てません。大衆が取り入れている手法が一番です。
ローソク足は適当に気ままに動いているように見えますが、そうではありません。
チャートには、方程式はありませんがセオリーはあります。
これを知らないと、チャートの動きは余りに理解不能となります。
遊ばれてしまう。
難しいのはチャートではなく、人間の感情(アタマ)です。
複雑に考えれば複雑になっていく。いや煩雑難解にしてしまっている。
高度な内容だから高尚な手法・思考でないと解けないのだと思ってしまうと、とつぼにはまる。
チャートはいつもカモが引っかかるのを待ち構えているのです。
注意しましょう。
手法も思考もシンプルでいいのです。











スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す