RSS

素朴な疑問への回答

FXの原理・原則を知る。
「やってはいけないこと」と「やらなくてはいけないこと」を理解して、実行出来るようにする。
これ守れないと結果は付いてこない。

素朴な疑問への回答

1)手法はどれがいいですか?

 → 手法というと余りに漠然としすぎていて、どこから話したらいいか迷います。
  まず大きく分けて、ファンダメンタルかテクニカルかの区別。
  保有時間で分けるなら、スイング・デイトレ・スキャルのどれか。
  目線から言えば、流れに対してそれに乗るのか逆を考えるのか。

   ・ファンダ主体の人はスイングをする傾向にあります。
    資金力があって些細なことに動じない方に向いています。
    勝った時の成果も大きいが負けた時の痛手も大きい。
   ・デイトレはその名の通り、一日毎で締めていくやり方。
    大きな資金は必要ありません。
    日毎に成果を追求するので適格な技能が必要になります。

   どの方法でも重要なのは「資金管理能力」です。
  
  同じテクニカル観察でも、逆張りと順張りでは狙いをつける方向は真逆です。
  最初は「順張り」を学び、次に応用として「逆張り」を、理想形は両方を柔軟に使い分けること。
  逆張り専門だけではいつか必ず大きな失敗をします。

  ・サヤ取り手法(通貨間の価格の歪み)
  ・ローソク足での判断(酒田五法)
  ・一目均衡表(抵抗雲や短期間の値動き比較)
  ・移動平均線(一定期間の平均値を比較)--各種MAを使うなかにはGMMAなどの方法も。
  その他各種インジを使った方法が沢山あります。
  有名所は以下のもの。
  ・ボリンジャーバンド
  ・RSI,RCI,ストキャスなど買われ過ぎ・売られ過ぎを見て判断する方法
  ・乖離率を使った判断方法

  結論を言うと、「自分に合っていれば手法はどれでもいい」です。
  兎に角、ひとつを極めること。


  手法の確立とは「自分探しの旅」でもあるので、相手を知り己を知る努力なくしては確立できません。だから他人が「これがいい」と言っても自分に合っているかどうかはやってみなければ分からない訳です。


2)勝てるようになるまでの期間はどれ位必要ですか?

 → ブログランキング上位の或る方が「6ヶ月位かな」と言っていましたが、安定して結果を残せるようになるにはそんな簡単ではありません。初心者が暗中模索して一から探求するとなれば数年を要するはずです。チャートを観察できる時間や実践トライした回数など個人差があるし、そこから何を学ぶかなど個人の感性も様々なので一定期間を明示するにはムリがあります。
「相手を知る」(チャートの原理原則を知る)
「己を知る」(自分の感性に合ったやりかたを見出す)
色々な手法やインジを経験し、季節による特徴ある動きを一通り経験するには年間を通して一巡二巡しなければ学べないと思います。
方向性の不確かな知識やただ年数が多くても、それで勝てるというものではありません。
5年以上経っても勝てない方々を見てきました。
1日2時間チャート観察した人と12時間観察した人では6倍の開きがあります。
1回で理解できる人と3回で理解できる人では違いがありますね。
ただ一定の有意義な手法を真似して自分流に出来れば、孤独に模索するより早いはずです。
ひとりで観察や検証作業を続けても、的がズレていては何にもならない。
習得には個性があるとだけ言っておきます。

FXの原理・原則
「やってはいけないこと」と「やらなくてはいけないこと」がようやく分かってきた頃には資金が無くなっていたなど、よくあることです。失敗を経験してやっと真剣に対峙する姿勢ができ、それで理解できても遅いのです。そうならないために原理原則を学習することは必要です。
勝てるようになる期間は人それぞれとしか言えません。
負けることから何を学ぶのか、学ぶことなく何度も同じミス(ルール違反)を繰り返しては前進しませんし、成果の出せない年数はどこか欠点があるわけで、その年数は経験歴に入れるべきものではありません。正しくない知識や余計な知識が多すぎて勝てないこともあります。


3)FXはギャンブルだと言う人がいますが、賭け事ですか?

 → 考え方・捉え方次第でギャンブルにも学問にもなります。
ギャンブルだと思っている人は原理を学習する気持ちが少ないので、いつまでも運を天に任せたトレードを繰り返しやすい。出来るだけギャンブル性を排除した捉え方をすれば博打にはならない。
経験則をパターン化して統計的に確率を追求すれば立派な学問になり得るはず。
少なくとも個人的には、FXはギャンブルではないし、ギャンブルにしない努力をしています。


4)クリック証券の新BO(バイナリーオプション)はどうでしょうか?

 → 未だ実際に経験していないので確かなことは言えませんが、マニュアルを読んだ範囲で言えば新BOならOKです。
クリックの新BOには「ラダー」「レンジイン」「レンジアウト」の三種類あります。
「ラダー取引」は通常の成行取引と然程相違はありませんし、10分後のコインの裏表当てではないのでメリットは多いです。少ない資金で多くの枚数を買えるし、損失も限定的で一定時間内でのポジション変更も可能。これなら海外口座へ走る必要もありません。相場形態が理解出来るならリスクは大きくないと思います。

チャートの先読みが可能である局面(チャートパターンにはまる場所)、例えば転換ポイントやレンジのブレイクを確認してからINしてもOKだし、方向の読みが違ったりダマシの場合は即逃げることが出来ればリスクは少ない。Sポイント狙いを少ない資金・多い枚数でポジれればメリットの方が大きいので、早く利益を増やせます。それにはSポイントやブレイクのパターンが頭に入っていることが必要になる。機能していそうなレジまでをターゲットにすれば危険を犯すこともない。
新BOにも当然ながら「冒険をしない、危険は犯さない」の思考を適合させる。
BOでSポイント狙いをやってみたいし、実に面白そう。
利益はレジとレジの間に埋まっている、と言えます。
(あくまでも現在の条件ならばという限定付き、実際勝ち易いです。---今後内容が変更になれば別です。今はサービス期間でしょうか、大甘です。)
結論、新BOは問題なくOK。逆にオススメ。




スポンサーサイト




デイトレードランキング