RSS

2012/11/16の検証

久しぶりに昨日(2012/11/16)の検証をしてみます。
ドル円は予想通りフィボ38.2(DailyPivot)まで下降してその後上昇しました。


ユロドルが思ったより戻りが深く前々日の安値に迫りました。
その詳細が下図になります。


今までの上昇トレンドが絶たれ上値を抑えられての下落です。
5分足チャートでは分かり難い場面で、15分なら理解できるカタチでした。
Cシリーズのチャートを観察する時は、15分足メインがいいと思います。


15:00に持ち合いを下に放たれました。ここが転換ポイントです。
それまでの間、15分基本線(黄色線)に頭をおさえられているのが分かります。
FXライントレード

この時から「目線はショート」固定です。

この一連の動きは、「スイートポイントの捉え方」で書きました。
FXライントレード 赤丸印がエントリーポイント。
結構戻りのきつい局面が続いたので翻弄されやすい心理状態で、迷子になりやすい動き。
上手くINしないと一本釣りにやられる危険を含んでいましたから、下と分かっているのに
失敗した方が多いのではないでしょうか。
FXライントレード

19:00~20:00には4時間基本線でストップしてそこから25p以上上昇。

22:00頃は15分基本線を上に越えてきたため、目線を上に変更しようとしたところ、
基本線を割り始めたので慌ててショートして、24:00手前の大きい動きも頂きました。

ロングで入っていれば損をしていたところで、要注意箇所でした。

底の確認は、5分足でのダブルボトム。Pivotのサポート2辺り。これでもう下はないなと思う。


15:00~16:00、24:00の動きに注意して下さいと言ってきましたが、その通りの時間でした。

DailyPivot付近でどういう動きをするのかが見所でしたが、ここを割ったので「下」ですね。

今までLC幅は10~15でしたが、20pに変更しました。


今回は指標発表結果を一切考慮することなく、テクニカルのみで観察していましたので、

22」30~23:00の動きはその影響でしょう。

以上簡単に検証しました。


---------------------------------------------------------------------

最初は色々狙わないで手法を絞り、
このような大きな転換だけを順張りで狙うといいです。

1)レンジブレイク
2)トレンド転換
 (この攻略法は既に説明してあります。)
  そして、エリオット波動も加味してみる。
 これだけで十分勝てますから。

---------------------------------------------------------------------


1分や5分チャートをメインにしていると大きな動きが

察知できませんから、注意して下さい。

ラインを引いたりして大局戦略を練るのは15分足以上ですよ!


ローソク足が反応するところには必ず何か原因がありますので、ラインを引きます。

インジケーターは基本的にあまり信じていません。あくまでもダイバーなど補助的です。


★★★★★


日足で見ると上昇はしたものの、最近安値1.280とMA89を意識してか昨日は戻されました。
来週の動きですが、4時間足では
4時間基本線でしっかりサポを受けているようなので、1時間足下降トレンドラインの戻り売りポイントと

MA200+EMA62+基本線を上抜ける力があれば上。なければ下。
兎に角、様子を見ましょう。
(個人的には上抜けるかもで見ていますが、もたつくかもしれません。)


FXライントレード


11/19(月)24:00追記

結果は個人の思惑通り、上へ行きました。24時現在 1.2790で60pほど上昇。

















スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す