RSS

新しいTHV4の検証

新しいTHV4の検証をしました。


まず昨日のユロドルに当てはめました。

手法はスキャルです。


1   8:35     ロング  ◎   +38p
2  11:25     ショート △or× ±0
3  15:05     ショート  ×  -5p
4  15:35     ロング   ◎  +10p
5  16:15     ショート  ×  -7p  
6  18:00     ロング   ×  -10p
7  19:25     ショート  ◎  +10p
8  20:20     ロング   △  ±0
9  21:15      ショート  ◎  +10p
10 22:10      ロング   △  ±0 (または +12p)
11 23:25     ショート  △or× ±0

損切りはMA25まで、または10p未満


FXデイトレブログ








11回エントリー
◎   4回 +68p(少なくみて)~+80p
△   1~2回 引き分け
△or× 2回 個人の判断次第で引き分けにも損失にもなる
×   3回 -22p明らかな負け
------------------------------------

計   11回


差引損益 +46p~+58p
勝率    40%(辛口判断で)~55%


5分足でサインが出たと同時に、単純にエントリーしたもの。

損切りがしっかり出来れば損はしないようです。
(損切りはFast Lineの色が変化したところ)


※実際にエントリーした訳ではありません。
  TRIXのサインに従った場合の損益を検証してみました。


  TRIXが正確にエントリーポイントを表すものではないことが分かりました。
 
確実性     55%(◎と△or×の計)
不確実性    27%(×のみ)
どちらでもない 36%(△と△or×) 
重複あり


THV4にまだ慣れない段階で、この結果はいい方かもしれない。

(以前THV3は検証しました。大幅な変更はないみたいです。)


△or×は微益か±0かの瀬戸際のもので、個人の力量でどちらへも傾く。
それによって損益や勝率は変動する。

(個人の判断です。)


また確実性を上げるためには、有効なフィルタを掛ける必要がありそうです。
これにライントレードの考えを入れると良いかも (他のロジックの補完とする)。


1) エントリー時間帯を絞る
2) 大きな時間足の方向からのみエントリーする
3) ダイバージェンスを熟知する
4) 分かり易い通貨を選ぶ

5) 目先のエントリーではなく大局を捉えた思考に立たないとダメ。


6) 他の時間足と条件がマッチしたときのみエントリー(MTFで使用する)

  1分・5分と15分が同一方向の場合のみ、とすると確度は上がりそうです。


7) 5分と1分同一方向でのスキャルも有効でした。


8) 他のロジックで迷った時など、判断材料にするのはいい。

  表示の矢印などはリペイントなしで信頼性あり。

  5分のOVERSOLD(売られ過ぎ)やOVERBOUGHT(買われ過ぎ)はサインだけでなく音声でも

  教えてくれます。これはいつも機能していました。


数秒の超スキャルでいいなら MACD_OsMA_ColorLH.mq4 がいいです。

4~5pなら楽~に獲れます。


これで分かったこと


1) トレンド時には明確なサインが出るが、レンジではサインが出ても有効な場所ではない。

  出てもレジサポより遅い。
  レンジには余り強くないサインが遅いので薄利に終わる。
2)上か下かの判断だけならTRIXよりMACD_OsMA_ColorLH.mq4の方が早い。
3) 超短期のスキャルには強い。
  スキャル感覚でトライすれば、勝率はもっと上がるし、損失も少なくて済む。
4) 期待したよりも、出て欲しいポイントで正確なサインが出ない。

5) 放置したままでは勝てない。

6) サインが出ても使い慣れていないため、理解していない部分があるので、

  慣れればより勝てるでしょう。(まだ勉強不足)

7) 何も分からない初心者でもサインに従えば利益を獲れる可能性はある。

  カギは手仕舞いのタイミング。


---------------------------------------------------------------------------


THVはこういう形↓を掴まえるのも苦手のようです。

(手動目視のほうが勝る。)

レンジに強いとは到底言えません。
レンジ相場の場合はMACDのほうが良さそうです。

THVのサインは、5分・1分では上昇のままでした。
Trixは間近か安値のピンクラインに到達するまでクロスせず、でした。

(それでは遅いのですが。)


FXデイトレブログ










結局、サインをどう読むかは個人の判断能力次第と言えそうです。
情報量が豊富という利点があり、多くの可能性を秘めたシステム。

使用に当たっては、どの部分をどう活用すればいいのかを個人に合わせて

選定する必要がありそうです。


いかに優れたシステムでも、
サインに合わせてインすれば楽に勝てるほど、相場は楽ではありません。

グレーゾーンをどう判断するかで、結果は大きく変わってくるものですね。

自分に合わせてアレンジする知恵は必要かもしれません。


トレンド時はどのインジでも商材でも、大体機能するもの。


■結論

THV4は良いシステムですが、使い方次第。

使いこなすまで時間がかかります。

視覚的で一見初心者向けですが、奥が深そう。


■使った感想

補助として使うのはお薦め(頼り過ぎにならないように)

初心者にも中級者にもいい。

デイトレでも充分使えそうです。


THV4は無料でDL出来ます。










スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
1:-
by on 2016/12/06 at 14:37:33

管理人の承認後に表示されます

トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す