RSS

FOMCの発表

明日未明に、注目のFOMC発表があります。
・27時00分:米)FOMC政策金利&声明&米国債及びMBS証券の買い入れ額&経済・金利見通し発表
・27時30分:米)イエレンFRB議長の記者会見

予想では金利0.25据置きとなっていますが、はたして。
米景気堅調で利上げ期待も、現時点ではまだ時期尚早との判断でしょうか。
市場は今これを受けて方向を探りレンジで迷走しています。
4時間25MAに強く反応しています。

据置きならば、円高方向へ。
(下へ行く場合でも、上を刈ってから。)
20140917.jpg

過去の発表をみると、その後必ず下へ動いているのは偶然でしょうか。
HFも発表前には様子見で利確するのかしら。(疑問)

FOMCはドル高の決定打になるか

FOMC控え売買は低調
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NC0N966KLVRE01.html

FOMCは16日から2日間の日程で始まり、17日に声明を発表する。米紙ウォールストリート・ジャーナルは16日、この声明で「相当な期間」低金利を維持する、との文言を変更しない見通しと報道。労働市場では労働力の活用が依然低い状態にあるため、声明内容は7月分と大差ないだろうとした。
みずほ証券エクイティ調査部の三浦豊シニアテクニカルアナリストは、FOMC声明が「ハト派的な文言になれば、為替も株価も上値は重い」と予想。半面、タカ派的な表現になった場合、「円安がもう一段進む可能性があるが、逆に米国株が下がる可能性があり、プラス・マイナス相殺」とみている。




スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す