RSS

FX真面目考

前頁ではかなり核心に迫った事柄を書いてみました。
賢い読者の皆さんなら既にお気づきのことと思います。
そこで、まとめてみると、

●トレードは総合収支を考える。
 これは最も大事なことです。どの時点で締めても、最後に利益が出ていればいいのです。

●単発銃ではなく散弾銃方式で狙う。
 ターゲット範囲を広めに狙っておくと、どちらに転んでも、有利に事を運ぶことができます。
 (詳しくは前頁を参考に)

●大きな流れを常に意識し、正しいRSラインを知る(これ基本です)。

●観察眼と洞察力のない、配慮の足らない人は勝ち難い。

長年のトレードで結果が出せていない方は、やり方や考え方でどこか欠点があるからです。

1)単発銃で狭い範囲のターゲットを狙い過ぎていませんか?
 これやってると損切り貧乏になって、時間とともに先細って資金を無くしてしまいがちです。

2)目線が定まっていないと、コロコロ変わる目先の小さな流れに翻弄されて追従すら出来なくなり、往復ビンタを喰らって痛い目に合います。自分の主義主張がはっきり言えるような自分なりの相場観を持つべきです。

3)その時々のRSラインの強弱を推測できる根拠ある洞察力(気配り--配慮)を身に付けているか。
 洞察力は努力しないと育ちません。

こう言ったことが理解できるようになるには、独学をもっては相当の時間と経験が必要になる。
1日2~3時間の3年5年では、まだまだ習得の域には達しないと思う。

無料ブログに必勝法が書いてないかとあちこち検索しまくりのあなた、そんなのありっこないから安心してください。「これで楽してカンタンに1億円稼げます」という謳い文句は聞き飽きたのでは!?小手先だけのその場限りの目新しさに惹かれても、幻想でしかない。自分で努力して核心に近づいていかない限り、相手からは寄ってこないデス。
ただ、学ぶ気持ちを失わず努力すれば、必ず近道は見つかるはずとは思う。

資金の少ない初期では、
1) 散弾銃の玉数が揃わない最初は確実性を重視して、深追いせずに着実に少しずつ資金を増やす。苦しい時期です。この頃に正しいレジサポ論やその対処法・相場観が養われると優位性ある経験を得られます。兎に角基本に忠実にコツコツと行う。ギャンブル志向の方は、この段階がクリアできず、負け続けて上達しません。(堅実性が求められる時期)

ある程度増やせたら、
2) 散弾銃戦法に切り替える。これで初期の頃よりも大きく利益を伸ばす。

具体的な金額は個人によって様々なので言えませんが、ナンピン3回やって証拠金能力にまだ余裕のあることが必要です。自分の資金力と照らし合わせて配分を考えてみるといいでしょう。

3) 手法を確立させたら、脇目を振らず後は継続するだけ。複利で増やせるようにLOTを上げる。

何事も計画的に。基本知識と技術を知っているかどうかで、将来が決まります。

FXは正しい知識や経験がなくても運がいいとたまに勝ててしまうために勘違いするらしい。受験勉強なら、合格レベルに届いていなければ点数で振るい落されるので自分の位置が分かるのだが、FXでは努力の成果が曖昧だ。ビギナーズラックなんてことも起こるからいけない。そのため勝敗を「運・不運」で片付ける輩が出てくる。大きな勘違いをする連中。若しくはラクして一攫千金を夢見る人もいる。基本が出来ていないと必ず大きな落とし穴にはまって全部失い後悔することになるのだが。

勉強して努力して正しい経験を積んでください。
今は目に見えた結果が付いてこなくても、努力は嘘をつきません。
必ず勝ち組になれます。
カネがないなら知恵を出す。知恵こそがカネを産む。

トレンドラインが引けるならチャネルラインも引けますよね。
チャネルの意味を知ろうとしたことありますか?
言われたから引くじゃなくて、その心理的意味を。
現在のドル円で言うと、ちょうどチャネル下限に引っかかっているところです。
ロング勢は、「どうかここから上昇してくれ」と見守っているはず。
こういう所で大きな動きがあるんです。
少し下に落してやるとガラッと行く場所、ストップロスを巻き込んで・・・という場所がこういう所。
買い方と売り方と静観者の3つの立場の心理戦を推察して下さい。上で述べた洞察力とはこういうこと。双方向から相手を観察できないと、上手くならないです。配慮の出来る人と出来ない人の差が見えるところでもある。
付いて行くのは結果が出てからで遅くない、私達の立場はいつも静観者です。
(言っておきますが、傍観者ではないです。)

フィリピンから来た、一攫千金FXを狙う!
資金5万円からスタートしたフィリピンさんのブログ。参考になるでしょうか。
海外口座をお使いのようです。
現在は30枚~50枚勝負で、以前2000万円近くになって出金してましたね。
今のとこ2年間で1590万円のプラス、とのことです。
ニコ生放送がメインで、ブログはサブ。実際の取引の様子は放送で見られます。

ブログ
http://ameblo.jp/clarkstill03/archive1-201409.html
放 送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv192974491



スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す