RSS

「維新の会」最低賃金廃止

「維新の会」の選挙公約 最低賃金廃止


http://gendai.net/articles/view/syakai/139934  記事抜粋


橋下徹は「最低賃金のルールがあると、あと2、3人雇えるのに1人しか雇えない」「他の党には

示せないものだ」と胸を張っているが、いまでも低賃金を強いられているワーキングプアは

1000万人を超えているのに、「最低賃金制」というセーフティーネットを廃止したらどうなるのか。


たとえば、大阪府の最低賃金である時給800円を廃止して3人雇うということは、1人当たりの

時給は約260円になる。1日8時間働いても日給2080円、月給5万2000円だ。

生活できるはずがない。貧困は底ナシになる。


喜ぶのは、労働者を安い賃金でコキ使おうとしている連中だけだ。

筑波大名誉教授の小林弥六氏がこう言う。


「橋下市長のブレーンは、竹中平蔵さんだそうですが、まさに『市場原理主義』の発想です。人件

費を下げて、グローバル企業を儲けさせることしか頭にない。労働者はコストという意識です。

安ければ安いほどいいと考えているのでしょう」


もし、維新の会が政権に就き「最低賃金制度」が廃止されたら、大不況になるのは間違いない。


維新の会に一票を投じようとしている有権者がいるとしたら、自殺行為というしかない。


------------------------------------------------------------------------------


今日は選挙告示日。


橋下は石原と一緒になって、何を考えているのか?

こういう輩が権力を握ると日本は終わる。

職にありつけない若者を増加させて、軍隊に入れさせ、戦争の道具にする気だろう。

狙いは、徴兵制だ。


国民はもっと賢くならないと、悲劇しか起きない。

本当に、この国は完全に終わる。

だまされてはいけない。










スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す