RSS

2015/01/25

こんにちは。
最近は時々の重要局面で、根拠ある展開予測を発信してきましたが、お役に立てているでしょうか。
ユロドルは重要なポイントを節目割れして、下落進行中です。先週のスイスショックやユロECBの緩和政策決定、米)ドル市場のQE出口戦略(利上げ近々)、原油安、などの世界の出来事は誰でもが耳にすることです。
為替相場は世界の政治経済情勢に敏感に反応するので、チャートをテクニカル面のみで観察しても全てを把握できません。

当然なので、一言
1) 世界の出来事に関心を持ってください。
それに、問い合わせされる方で、中にはPCやMT4の一般知識を持ち合わせない方がおります。
2) チャート設定の説明で数時間かかっているようではテクニカルの話が出来ません。MT4のことはネットで調べるか他の方に聞いてほしい。万人にMT4の説明してるほど暇人ではないので。 (レッスン生にはきちんとお教えしますよ)
3)教えてもらっているのにお礼の言葉が言えない人がいる。

・・・何でも他人任せ、勝負はインジ任せ、検証は過去の出来事だからムダ、しかもタダで億万長者になりたいなどとぬかされる。知識の吸収や学習に時間を費やすなど準備をしない。書籍も購入しないし読まない、先行投資もしない。結果を夢みて無防備でぶっつけ本番エントリーする人が多いのは困ったものです。これで勝とうなんて100年早い。90パーセントが負けて当然でしょう。インジひとつで誰がやっても、どんな局面でも勝ち続けることが出来るような「魔法の打ち出の小槌」的なインジがあれば苦労はしません。聖杯が存在するなら、私を含め今まで何年も学んできた人間は出来の悪い間抜けな部類に入ってしまう。
ちょっといじって上手く行かないと、「これは使えない」と安直に答えを出してしまう。自分の脳で考えようとしない。ダメなものは全て他人のせいにする。これって何なんでしょうか。

FXで勝利するためには「4つのチカラ」が必要です。
1) 変化を発見するチカラ
2) ポジションを保持するチカラ
3) ポジションを決済するチカラ
4) 総合的な損得を計算するチカラ

保持・決済するチカラとは、決断力と潔さをベースにした相場観、いわゆる経験則です。
保持するチカラ(握力)があればいいというのではなく、ケースバイケースで使い分ける判断能力。
握力がありすぎてLC出来ないとすれば、能力発揮の仕方がまずい。
決断が早すぎるのはチキントレードになって、これもまずい。
能力の無い人はいない。
要するに能力はあるが状況判断が出来ていないということ。

さて相場の話です。
このところの通貨間の強弱関係は以下のとおりです。

米)ドル > 円 > ユーロ

この関係から、有利な通貨ペアは
1) EUR/USD
2) EUR/JPY


ストレート通貨がテクニカル的に素直に反応するので、個人的には  EUR/USD をお薦めします。そんな訳で今後の解説チャートはユロドルをメインにしていきます。
勉強している方々なら分かり易い相場展開で、ボラがある分INしてよいポイントも明確でした。
ユロドル1時間
20150125-1.jpg
ユロドル15分
20150125-3.jpg
ユロ円15分
20150125-2.jpg

ついでに、はっちゅう君について
常識なので既にご存知でしょうが、念のため。

はっちゅう君




スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す