RSS

2015/02/17新インジ検証

こんにちは。
まだまだ寒い日が続きますが、風邪などひいて寝込んでいませんか?
お互いに健康には留意しましょう。
あと1ヶ月もすれば暖春色が差してくるので、それまで我慢です。

ドル円チャートですが、先週は荒い値動きに翻弄された方も多かったのではと思います。
120.46の最高値をつけた2/12から以降は下落の一途で、転じて今週は小動きに終始しています。
ATRバンドインジの最も苦手な展開です。レンジにはめっぽう強いのですが、今週の動きは正確さに欠けるようです。
そこで新インジを試しています。
目先の動きを捉えるには便利で、これは使えそうです。
ノーリペイント(?)のシグナルは微調整が必要でも、それなりの働きはしてくれます。

トレードには多くの根拠があれば、それだけ多く背中を押してくれます。
上位BB、値幅バンド、それにコレ。i-regなんとか言うらしい。
ペンタゴンやハーモニックと違い、RSラインの延長で考えられるので馴染みやすい。

徐々にカンタンで機能的なチャートが出来上がりつつあります。
でも、レジサポやトレンドライン思考が基本なので、インジ頼りにならず、基本を忘れずにいましょう。これまでの全てを活用すれば、殆どの相場で迷うことなく確かに利益を上げることができそうです。

20150217-1.jpg

20150217-11.jpg

20150217-3.jpg

例えシグナル精度が厳格だとしても、インジはデータに基づく後付けに過ぎないことを忘れてはいけません。認識すべきは、「高値安値と切上げ切り下げ」ライン。ダウ理論が聖杯です。
現時点では、1時間の25と55での攻防がカギです。越えれば上。
ドル円が上昇しないと日経平均が18000円を越えないので、躍起になってドル買いしている官製相場です。ですが、ギリシャ問題でいつどうなるか分かりませんので、注意しましょう。





スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す