RSS

2015/02/23バンドは堅い

2/20(金)夜のドル円は日足25まで急降下したもののそこで終り。
トレンドからいけば118.100まで下げてもいいのに、日足25は節目の強い抵抗とあって、踵を返して上昇していきました。前の頁に書いたシナリオでの展開でした。4時間足三角下抜けでも変化は起きません。
一度決めた目線であっても、シナリオ変更なら柔軟に目線を変えることも必要です。
何と言ってもバンドの底辺ですから、万が一なら変更の準備はしておけるでしょう。

2015/02/23のドル円は、東京時間終わって直近高値まで上げて、直ぐに下落。
二重のバンドは正確にその動きを捉えています。
現在は図にあるとおりのバンド幅でレンジを組んでます。
天井と底の目安をもってトレードできるのは気分的に安堵感があり、非常に楽です。
今後は118.950付近に強い抵抗(MAの束)が出来ているので、これ次第。
抜ければ下、返されれば上。

20150223-1.jpg

20150223-2.jpg

ノーリペイントサインのインジをあれやこれや彷徨いましたが、NoRepaintといっても書き換えます。そして次の高安値で更新するしないが確定するまで表示しないため、出現を待っていると遅くなってしまう。出来上がったチャートを後から見ると綺麗にフィットしていても、現在進行形の場合はちょっと違う。サイン出現までのタイムラグが重要でもある。使ってみないと分からない点です。サインインジなんてこんなもの、と諦めてはいたが。
次の高安値を確認してからサインを出す計算方式なので時間がかかっても仕方ないし、ド素人より遥かに優秀なんですが。やはり裁量でのライントレードが一番いいようで、このロジックに忠実になるのが何よりと痛感しました。基本をマスターしたら次は応用です。




スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す