RSS

昨日に続きスキャルの話

2015/03/27(金)11:15頃のユロドルでのスキャル

今日もスキャルの話です。
デイトレをするにしても、最初に10pp以上利益にして継続保有するのか、最初からマイナスポジをずっと保有するのかでは、精神的に随分と異なります。ゆとりあるポジ保有をするにはスキャルが上手いと有利です。
(揉み合いの局面ではスキャルを重ねて利益を大きくします。)
INするときの上手なポイント探しという点ではスキャルに限ったことではなく、デイトレもスキャルも両方に共通する考えなので、慣れない方は練習してください。

1) 高値安値ポイントを注視する
2) そのポイントに到達したときどちらを向くのか
3) 赤四角で即IN・OUTするのではなく、ここは様子を見る所
4) 高値安値の間(継続する値幅部分)を狙っていく
5) 62の上か下かで目線を固定


20150327-1.jpg

値動きの幅(ボラ)が少ないときは静観するほうがいいです。
注目するポイントは現在進行形の先端部分ではなく、過去の高値安値ですよ。
過去の高安値に到達したときに、どう反応するかが重要なんです。
(見込みではなく確認してから行動するのが大事)


スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す