RSS

デモトレしよう

FX有料商材関連の勧誘メールがやたらと多い昨今です。
経済が低迷しているので、一発逆転を狙う新規参入者が増えているのかもしれません。

ロジックの説明なしで、のっけから「結果報告」。
こういうのは疑ってかかるべきだ。
「FX始めて1ヶ月で○○万円勝てました」、「帰宅後1時間チャートに向き合い簡単に○○万円稼げた」的なキャッチコピーには呆れてしまう。金額は原資を多くすれば幾らでも膨らませられる。「金額で言うな!PIPS数で言え!」と突っ込みたくなる。ビギナーズラック(まぐれ)も全面否定はしないが、コンスタントに年間を通して結果が出せるかどうかは疑問だ。
という私も過去に購入した経験があります。
使ってみたが、ガラクタ。

相場の相手はプロです。
知識も経験もない素人が、プロを相手に勝てるでしょうか?
常識で考えても分かりますね、世の中そんなに甘くない、デス。

相手がプロならば、こちらもプロになる。プロの思考を身に付ける。その努力をしなくては勝てません。
たかだか5万、10万の商材で常勝聖杯ツールがあるなら誰だって欲しいし、負ける人がいなくなってしまう。
有料商材の矢印サインに従って億万長者になれるほど、FXはラクではありません。
当ブログの訪問者は熱心にFXを学ぼうとする方々なので、こんなことは承知のことと思います。

今はプロフェッショナルでも、最初からプロだったわけではない。
検証を繰り返し、失敗を乗り越えて現在があるはずです。
ふたつと同じ展開がないランダムな動きに見えるチャートでも、分析検証をすれば数種類のパターンに分類されることに気付くと思う。本人が自分で工夫して道を切り開かないで、何も行動を起こさないで、クチを空けて棚ボタを望んでも、幸運は向こうからやってきてはくれません。
与えられるのを待っているのでなく、自分から取りにいく積極姿勢がない人は進歩がないと言える。
「私の疑問は何なんでしょうか?」と尋ねられても、本人が分からないことを他人が分かる由もない。
自分の疑問は自分の頭で整理して、克服法を試してみて、それでも疑問が残れば他人に聞く。
これが順序でしょう。

「失敗がいくつも見つかったら成功は近い」のです。
だから、い~っぱい失敗しましょう、デモトレで。
真剣に取り組めば、デモトレでもれっきとした経験になります。
失敗したら、その原因を克服すればいい。ここからがスタートです。

何事も、可能だと思えば可能になり、不可能と思えばその瞬間から不可能になる。
結局、世の中、自分次第だということ。
マイナス思考が一番良くない。周囲を不幸にする。
諦めなければ必ず克服できると信じること。

「ともかく具体的に動いてみよう。具体的に動けば具体的な答えがでるから。」
 みつを

ドル円--現在の4時間チャート

20150405-1.jpg



スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す