RSS

今日の相場は---ルール改訂

2015/04/10(金)の欧州時間にユロドルが下降を始め、ユロ円が連れ下げ、次いでドル円がたまらず下落。ユロドルは15:40から現在の21:50まで下落が継続しています。
そこで、新発見。
1分62を越えての戦法はよくよく対策を施されたとみえて、その上での反転が際立っています。ルールの改訂が必要かもしれません。下図のように、62×2=124、&200で返されています。それも1回だけではないので、HFのプログラムに組み込まれている可能性が大です。

1分に追加:EMA124と200

これで、62を基準にした多くのEAや手法はことごとくゴミと化しました。
※検証し確認されたのはユロドルのみですが、他通貨も観察してみます。

1分チャートでスキャルの場合での対策:
  EMA124で返されるかもしれないので、逆張りしない。
  EMA200を越えてはじめてトレンド反転、若しくはブレイクと看做す。
   これが安全策です。

20150410-3.jpg
(ユロドルでの確認)
※3TLBの考え方(ライン)も描いておきました。(1分足ですが)

20150410-4.jpg
その後上昇--3TLB成立(22:23)


下の図は昨夜(4/9)のドル円。21:30の指標を受けて方向転換したところです。
指標の結果次第で流れが変わるので、目線を変えて付いて行くのは大変ですが、スパイダーインジはチャンスであることを伝えてくれています。ファンダメンタルがどうのと結果に気を使うよりインジの見方に精通したほうが賢明です。ATRバンドも下限一杯で、上昇を語っていました。
この点、人間は感情に左右されますがインジは正確にデータを表しています。
これを汲み取れるかどうかは、人間の側の問題(力量)です。

20150410-1.jpg



スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す