RSS

7月も終わり

今日で7月も終わり、明日から8月。
毎日蒸し暑い日が続き、嫌になります。
相場も夏枯れ状態になってきました。方向感の無い一日です。

今まで当ブログのコメント欄に書き込む方がいなくて寂しい限りでしたが、昨日でしょうか久々にコメントを頂きました。ありがとうございます。
お名前なしの匿名さんです。
「他のブログのように結果論や終わったことの検証ではなく、これから先がどちらの方向に進むか、どうなるかを書いてもらえませんか? 後から見て当たったのならどうにでも書けます。 本当の力はこれからの事です。 本物であることを期待してます。」

検証の内容ではなく、将来の方向性を記事にしてくれということでしょうか。
当ブログは、最初に断ってあるように「勉強ブログ」ですのでご期待に沿えるかどうか分かりません。
無責任な予想は競輪競馬の予想屋さんや経済アナリスト・コメンテーターに任せたいと思います。
そして、手法の根幹は「動いた方向にその都度追従する」ですから、将来を予測する必要はありません。
転換の見極めとその付いて行き方が分かれば勝てるはずです。
将来と言っても、近いものと遠いものがあります。
予測は先入観という偏見になるため、極力持たないことを薦めているので、私から方向性を示唆することはめったにありません。配信サービスで料金を頂いているわけでもありませんので。
また検証作業は将来の方向性を見極めるうえで重要なことです。昨日があって明日があるので。過去を無視して明日は成立しないし、過去を分析することで将来も理解でき、一定のパターンが見えてくることもあります。
ラインが描けない方のため、参考になればいいと思います。分析の勉強です。
相場の神様ではないので、生身の人間には細部に亘る完璧な未来予想図など描けない。
例え方向を示すとしても、全て条件付のシナリオになるでしょう。
また、言わずもなが、当ブログをご覧の賢明な皆さんは、当設定チャートから薄々感じ取っていることと思います。
相場の流れには時間毎の周期があることを。
どうやってMAX状態を見極めているかを。
これらが、方向性を汲み取る充分な判断材料になっているはずです。

スカイプ会話をした方には最後に方向性の示唆をしておりますが、ブログに記載するのは面倒です。
これから動く!と感じたときは自分のトレードに集中しているので、方向を知らせるほど余裕はありません。
15分チャート的には、1時間チャート的には、と周期に合わせて書くのは大変です。
書いても誰も見ないし。

将来の方向ですが、当ATRバンドの上辺下辺付近での動きをみれば、今後どちらへ傾きそうかは誰でもが推測できます。
当ブログ隅から隅まで目を通した方、また、当インジに精通した方は、他人の意見に左右されることなく独自の判断でトレードができているはずですので、私がとやかく言う必要はありますまい。
自分で判断し決断できるスキルを身に付けるのが上達の第一歩です。



スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す