RSS

ナンピン補足

前述の通り、1トレードを数個に分散して平均レートを自己の有利な状態にしながら総合的にプラスを狙うやり方は、割と勝ち易いので多用しがちです。が、ナンピンの応用なので気をつけなければいけません。ナンピンには二種類あると説明しましたね。
注意すべきなのは、やろうとしているのが「プラスのナンピン」なのか「マイナスのナンピン」なのかを理解したうえで行うこと。
最初は誰も負のナンピンをしようとは考えないでしょうが、形勢が不利か有利かは分かるはずです。
不利なときに行うのが「マイナスのナンピン」。
状況判断をしながら、ポジを持つたびに不利になるなら、深追いせずに諦める一線レベルも用意しておくべきでしょう。
INすべきベストポイントをよく吟味せずに、ポジを持ちながらの判断でいいのだとする考えは、見極め力を弱体化させ安易にINすることにもなりかねません。
多くの方々はマイナス解消のために「マイナスのナンピン」を使おうとします。
「マイナスのナンピン」をする目的は、マイナス解消ですから、ゼロにしたら一度閉じるべきです。
いつまでも自分のポジにしがみついていると流れの変化に気付かず(気付いても成り行きを捨てることが出来ず)、必死に逆張りするはめになったりもします。

例えばLポジを数個保持していて、あと少しで目的達成というところで、大きな下落があった場合、形勢は逆転します。それでも更に今までのポジに拘り、倍々ナンピンをすると、負の連鎖を起こしてしまうわけで。
大きな流れ(本流)に逆らって上手くいったところで、得るものは少ないです。
下手をすると大きな痛手を被ります。

デイトレにしても、1時間足の流れに従ったほうがレジサポがはっきりします。
その上で目線を固定し、タイミングを計る。それには何処でINすればいいのか、場所を探る。これが鉄則。
チャートは絶えず上下動しているので最適ポイントを捉えるのは容易ではないにしても、1時間の流れに忠実であるべきです。
担がれたら一時的な逆行を疑い、10pp離れたらナンピン。(無闇やたらにナンピンするのではなく等間隔を置いて、回数制限も決めておくといい)

スキャルだからと逆張りを承知で狙い、マイナスになってナンピン攻勢をかけ、微益に満足せずに深追いした挙句、大きな流れに全て呑まれてしまうのは愚の骨頂です。
スキャルであっても順張り方向を狙うのには、意味があるのです。

一度逆張りナンピンをしてしまうと目線を変更しずらい背景を作り出してしまいます。
そのために何度もナンピンを膨らませ、上下の返り点での反転で運よく跳ね返ってくれれば救われるが、昨日のように底が抜けるとどうしようもなくなる。

まずきっちりINするポイントを知るには練習と検証しかありません。
1Lotより2Lotのほうが、玉を分散したほうが勝ちやすいというだけの話しですが、それ以前に目線固定が曖昧な方は傷口を広げるだけですからまだナンピンはやらないほうがいいです。
利益を伸ばすためのナンピン=「プラスのナンピン」(ピラミッテイング)を行いたいものです。
それには、「節目」が分かっている必要があります。

【昨日のドル円】

今週は118.368と117.280の間でレンジで推移してきたのですが、昨夜NY時間で安値を下抜けして行きました。金曜日は朝から当日始値を下へ、そして55MAの下へと、下降一辺倒の一日でした。円買勢の強さを表しています。
この流れは簡単には収まりそうもありません。

20160116-1.jpg

18日月曜日の午前中に、図の○印辺りでレジサポ転換をして下向きになればまだまだ下へ伸びそうです。
115.500までは殆ど障害はないのでド~ンと落ちるでしょう。
当局が追加緩和とやらで裏でコソコソと、年金資金で介入すれば(A)を上抜けて行くんでしょうねェ。
(介入しても一時的な反動で終わり効果はないと思います。モタモタはするでしょうが。)

ということで、どちらにしてもその分岐点(A)での動きに注目です。

20160116-2.jpg

日経平均も今年に入り続落で、昨日は17,147円で引けました。
17000円割れは前日に記録しており、風前の灯火状態で、ここを抜けると15000円まで下落します。
どちらが先に動くのでしょうか。

チャイナショックと逆オイルショックに歯止めが懸からないと、この世界的な流れは収束しないでしょう。
NYダウは16000ドル割れで急落し、原油は1バレル30ドルを下回ってきました。
またEUが緩和策に打って出ればドルは売られ、円は買われやすくなる。
どっちみちドル円は下へ行く公算が大きいです。



スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す