RSS

大きな流れを早目に知るには

世界の基軸通貨たる米)ドルに重大な影響を与えるNYダウの下落も一服し、ドル円は最安値115.96を付けてから急反発しました。ここを割れば暴落するところでした。しかし、このまま転換上昇して125.00を越えるという楽観論を支持するわけにはいきません。近日中にまた安値を狙う展開になるでしょう。

さて、チャート分析は難しいと嘆く向きも多いようです。
チャートが、人間が目で見て方向を認識出来るカタチになった瞬間、それを待って逆方向へ舵を切っていく動きには誰しも困惑します。値頃感に頼ったトレードを卒業しないと何年でもこれに騙され続けます。素人の勘ほど当てにならないものはありません。
そこで、トレードには一定の目安という何がしかの定規が必要になります。
トレンドの転換は或る日突然やってきます。
これを早目に察知できないものか、という訳でテンプレート化したのがこれ。
MAを複数本表示しただけのものですが、トレンドを掴むには便利です。
(MA数値はフィボ正数使用)
小さい数値MAと大きい数値MAの位置関係を見れば、凡そ流れは理解できるはずです。
これだけでも充分トレードできます。

20160123-1.jpg
(ドル円1時間足)

20160123-2.jpg
(ドル円15分足)



スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す