RSS

雇用統計待ちでレンジ気味

2016/02/05 13:30のドル円レートは116.700近辺で推移しています。
今週初めから連日の下げ相場で、ついに500ppの下降トレンド。
毎日よく動きますね。

20160205-5.jpg
このカタチをよく覚えておくこと。

ちなみに本日の日経平均株価は17000円を割って16700円。

20160205-a.jpg

ポジション状況は、
116.00円  断続的に買い
115.50円  買い厚め・割り込むとストップロス売り、OPバリア観測



■シカゴIMM通貨先物ポジション推移

 この統計表に記載されている為替レートと通貨先物の数値は、いずれも当該週の週末終値であって、建て玉枚数の数値は当該週の火曜日の数値であることに注意。
 一般的には、Non-Commercial(投機筋)のLong(買い)とShort(売り)の枚数が最も注目され、ヘッジファンドやCTAなどの投機筋のポジションの変化によって、相場の方向性を見る投資家が多くなっている。ただし、大口のヘッジファンドなどは手口が公開されることを避けるため、通貨先物を利用しないといわれており、必ずしも投機筋の動向が反映されるとは限らない。

20160205-b.jpg

少し遅いのが難ですが、参考にはなるでしょう。

円買い傾向にあります。

「損切り注文がどこにあるか」を意識することが大切。
大量のオーダーが一斉に発動すると、市場は短期間で大きく動きやすい。

表の読み方---参考まで

ドル円は115.500を割るとガラッと行きます。
今夜の米)雇用統計発表があるため、それまで買い控えられ様子見相場で、14時現在は小刻みレンジになっています。
先週金曜日の日銀マイナス金利導入発表に伴う円売り/上昇に乗ったファンド勢はその後の急反転でみんなロスカットさせられたようなので、円売り失敗したばかりの海外勢が同じ円売りポジションを取る可能性は低いという論表もあります。
そんな訳で積極的な円売り上昇はないのでは。

発表内容如何ではこれから大きく動く局面です。
何故なら、雇用統計の数字が芳しくないことが予想されていますので。
下へ行く公算が大。(個人的見解)

22:30を待ちましょう。



  レッスン生募集2
時間をかけて丁寧に説明します。興味ある方からのご連絡をお待ちしています。




スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す