RSS

3月の予定イベントは

2016年の3月上旬は世界経済へのインパクトが大きいイベントが続きます。
その結果次第で方向を変えていくでしょうから、分岐点に当る箇所をじっくり観察したいところです。

1日:米大統領選の予備選挙が集中するスーパーチューズデー

4日:米雇用統計の発表

5日:中国で全人代が開幕

9日:皆既日食(インドネシアなどで観測可能)、新月の日

10日:ECB理事会 追加緩和の行方

11日:SQ算出日
 注/「SQ」とは、日経225先物などの株価指数先物や株価指数オプションといった取引の最終決済を行なうための価格のこと。
株価指数先物は3月、6月、9月、12月の第2金曜日、オプション取引は毎月第2金曜日がSQ算出日となっている

11日:東日本大震災(2011.3.11)より5年

15日:日銀の金融政策決定会合(14日~)

16日:米FOMC(15日~) 利上げはあるか

と続きます。

ドル円に関しては述べた通り上目線で、114.70に戻り高値があり要注意ながら115.00~116.00までは上昇継続と見ています。

どの時間軸でも節目として55MAを重視し、動いた方向に追従すれば問題はないと考えています。

20160229-1.jpg

追加:そのあと思惑に反して押目をブレイクして下へ行きました。よく考えたら今日は月末で確定売りが出ても不思議ではありません。



レッスン生募集2





 
スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す