RSS

睡眠投資法

睡眠投資法

人間は嘘をつくが、チャートは嘘をつかない。
チャートは現状を正確に表現しています。

ファンダメンタル情報は「人の思惑」だから、尾びれがついて情報は正確に伝わらないし、ねじ曲げられる。
報道内容もさることながら、情報弱者に伝わった時点でのものは物理的に「時すでに遅し」。

問題は伝わってからの大衆の反応がホンモノかどうかだ。
(言い換えればリーダーがどのように判断し、その後を弱者が付いて行くか、動きがホンモノか、方向は?)

大多数がどう判断したのか。
反応での動きこそ、真に捉えるべきもの。
この動きはチャート上に正確に表示されるので、一義的には信用することにしている。

これも「嘘をつかない表示をするチャート」を獲得出来ての話ですが。

最近は「睡眠投資法」を探っています。
寝ている間に利益を積み上げていける方法。

成功するには、読み違えをしないこと。
チャート上にパターンが表示されれば、昼夜を問わずゲットできる確率は高くなります。
トレンドフォローでも転換でも、方向が読めれば追従するだけ。

ロジックをEA化してみようと思い、INとOUTの条件付けを検討してみました。

サインを出すタイプのインジケーターの使用は、
1)先入観を植え付ける
2)自分で考える思考を停止させる
などの理由から極力控えたいのですが、
手法をエキスパートアドバイザー(EA)化するにはそうも言っていられない。

プログラムで命令(条件付け)を出してやらないと動いてくれない。
人間特有なファジーな感覚でも、ケースバイケースで具体的に数値で固定させる必要がある。
この際多すぎる条件を課すのではなく、簡便に処理できないものか。
ストラテジーテストでドローダウンしなければいいのだが。

サインインジも様々あり、ZIGZAG系、ATR系、ボリンジャバンド系と色々。
リペイントなしと言っても逆張り思考では信頼に足らない。
MA系のもので順張り思考であれば使えると思っています。

「睡眠投資法」に必要なのは、24:00以降のフィックスとNYOPカット後の推測。
これを想定して指値を置いてPCの電源を切る。
(24:00以降まで起きていられないので)
最近はこのやり方で全体の半分をゲットしています。
24時で一旦流れが変わり、そのあとその日の勢いに戻ることを想定して先読み。

20160313-2.jpg

夢の投資法が実現できるか探っています。


レッスン生募集3





スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す