RSS

失敗のもと

小動きのレンジにシビレを切らして、小さな値幅で上下している所を狙いに行くと、どうしても短期足チャート(1分)を見がちになります。
目当てのレジサポライン辺りで攻防の末、抜けを確認できたと感じても、上位足でみればヒゲに当たるノイズ部分かもしれません。
1分足ローソク1本2本で確認しても確証にはならないと思ったほうがいいです。
上位足で反転ダイバーが出ていても知る由もない。
また、急な勢いが加わるとMT4デモサーバがフリーズすることもあり、尚更確かめようがなくなったりして慌てる。
少なくても5分足1~2本、15分足1本の確定を待って、「抜け反発の確認」にしたいものです。
失敗の多くは短期過ぎる1分5分での誤った確認法によるものがほとんど。

抜けたと思いエントリーした瞬間に逆行され、精神的な動揺も手伝って高安値抜けを見落とす。1分足5分足なのでチャート左側が見えないためもある。
こうなると目線の切り替えも困難になり、既にポジションを有していれば逆張りナンピンを試みて失敗するか、新規参入なら目線を切り替えINする場所を探すもタイミングを掴めず、ただ静観してみすみすチャンスを見送ることになります。
値頃感になると最悪で、そろそろ反転するだろうと勝手に思い込み、逆張りをする自殺行為。根拠のないトレードならやらないほうがまし。

以前にも、「抜け反発確認」の項目で触れた通り、
1時間足でみて、
ヒゲで抜けていても抜けたとは看做さない(終値で判断)し、任意トレンドラインを引く場合ではヒゲを含める場合もある。(本来は終値で引くべきなのですが)

チャネルラインが有効なのはその角度があるからです。
終値ラインの角度をもってチャネルにすると生きてくる。
ヒゲを含めたラインでチャネルにしても適切ではありません。

ここら辺がわかっていないとラインが機能しないのですが、残念ながら多数の方は理解できていません。


1分足だけにこだわると上達しない理由がここにあります。

短期足確認はIN・OUT時のタイミング取り、方向確認には適さないことを肝に銘じておきましょう。

10回20回と同じ過ちを繰り返さない。

検証作業をすると自分のミスに気付くでしょう。検証は大事です。

失敗は成功の基。






スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す