RSS

自動で引いたラインの使用感

2016/08/04現在のドル円は、まだ100.00円には到達していません。

下値もかなり強く、探りに下げていくと戻されます。

結果、レンジに。

いずれは向かうでしょう。

ラインに始まりラインで終わる。

これがライントレードです。

水平線にしろトレンドラインにしろ、これが無いと判断が出来ません。

考え込んでチャートとにらめっこをしなければ決断できないようならば、やめたほうがいい。

チャンスが逃げていきます。

上か下か、はたまた静観するか。これが選択肢。

ラインを全く使わないと自慢していた方がネット上の何処かにいましたが、有益なものは使ったほうがいいにきまっています。

ラインを使わない手法や4時間足手法で勝てるとは思いません。

相場形態にはトレンドもレンジも、静止もあるんです。

使えるものは何でも使う。総力を挙げて戦うのがトレード。(個人的見解です。否定はしません)

当日の始値は前日の終値です。

6時時点での水平線は否応なしに影響してくるので、結果的に止む終えずでもラインとして意識することになるため、予め引いておくべきでしょう。大事です。

これも意識しないで勝てる?(ホントかなぁ)ならそれもいいが。

---意識せずと昼頃になって、このポイントでよく止められたり反応するので、要注意になる場所でもあります。

ラインを引きだすとラインだらけになってしまう。

賞味期限の過ぎたものは消去したいもの。

最近はものぐさして、自動でラインを引くインジを入れて様子をみています。

下図には自分で引いたものは1本もありません。

まあまあ、なかなか、と言ったところ。

21:30現在

20160804-1.jpg

三角形も描くのでライン引きが苦手な方には重宝しますよ。





スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す