RSS

みんなが知りたい第三のライン

今日は、

高値安値の水平線やトレンドラインを引いただけでは分からない、

第三のラインの存在について。


高安値と切上げ切下げラインは、ZIGZAGを見れば初心者も引けるでしょう。

(これは教科書に書いてある基本中の基本です、チャート観察の常識なのでこれ以上は触れません。)

高安値を意識しただけの、水平思考でのフィボリトレースで満足して大丈夫ですか。

実名は載せませんが、これだけで鬼の首を取ったように有頂天のYoutube動画も散見します。

ライン引きの達人でもウォルフ波動発見が精一杯のはず。

これらネット上にわんさかアップされている巷の情報を鵜呑みにしている方々が大勢います。

知らないというのは不幸なこと。

そんなことだから、想像するに多分結果は残せていないでしょう。


チャートプライスは水平思考だけで捉えることは出来ません。

ならばと、慣れないチャネルラインを登場させるが。

基本ラインあってのチャネルです。

足場が不明瞭な応用ラインでは、信頼性(自己納得)に疑問符がつく。


実際、切上げ切下げ、トレンドラインだけでは把握出来ないポイントが存在します。

磐石な基礎を根拠とした斜めのライン、これが第三のラインです。

機会があればそのうち詳細を記したいと思います。

下図をみて推察して下さい。

20170216-1.jpg

赤丸が昨日ブログに記した114.80近辺。きっちり止められています。

現在は113.80で100pp下落。





スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す