RSS

韓国大統領選挙

韓国の革新系「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)氏(64)が10日午前、第19代大統領に就任した。(時事通信)

核兵器とミサイル開発に邁進してやまない北朝鮮は、アメリカや近隣諸国に核で威嚇し、

我々の喉元にナイフを突きつけながらの恫喝外交に明け暮れてきた。

金正恩はしてやったりとほくそ笑んでいるだろう。

米オバマ大統領は北の暴挙に対し静観だけで何も出来ずの腰抜けだったが、

トランプ大統領は違うところを見せたかったのだろう。

しかし、実力行使という脅かしで核放棄する北朝鮮ではない。

この1ヶ月余空母カールビンソンがやるやる詐欺でお茶の間のワイドショーを賑わせた。

国民に北の脅威を示すことは安倍自民党にとっても好都合だったろう。

日米安保の正当性や憲法改正、森友国有地不正払い下げ問題の目晦ましにもなる。

マスゴミはこれに乗って国民をミスリードしたいようだ。

しかし韓国も困ったちゃんだと思う。

中国とアメリカと日本が協同で対北圧力を掛けている最中に、太陽政策を主張する「共に民主党」の文在寅を選択した。

このKY感覚が韓民族の知的レベルということは、李氏朝鮮時代と比してまるで進歩がないことになる。

ソウルが火の海になろうが、この際アメリカは先制攻撃で北を潰すべきなのだ。

将来に渡り金正恩は核を手放すことはないだろうし、武力で南北統一を図っているにも拘わらず、

南朝鮮がいまさら太陽政策を持ち出すとは、呆れてしまう。

韓国は自ずから北朝鮮に制圧(統一)されることを望んでいるのかもしれないと考えると、アホとしか言えない。

「話し合い」イコール「時間稼ぎ」ということを何故学べないのか。

慰安婦問題を何度も蒸し返し、反日感情を剥き出しにする国民のレベルは相当に低く、たちが悪い。

国の政治を司るべき政治家はこのポピュリズムに押され、毎回大局を見失っていく。

もともと朝鮮半島は資源に貧しく何の取り得もなく、大陸中央為政者から見放された場所だった。

濊族(わいぞく/クソ、糞尿の意)李氏朝鮮時代の歴史はAC1400年からたかだか鎖国の500年しかない。

これで知的文化など芽生えるはずもなく、我が国と比較するべくもないのだが、

儒教の影響でプライドだけは異常に高い一部の貴族支配層が自己の私利私欲のために、

民を隷属化してきた経緯がある。

20世紀初頭の最近までこの状態だったというから驚きだ。

儒教の教義は「仁、義、礼、智、信」の孔子の教え。

使いようでツールは悪にも善にもなる。

彼らは身分制度を極端に意識し、自分より上か下かで相手を判断する習性がある。

最下層の奴婢(ぬひ)は牛馬家畜と同じ扱いであり、市場などで取引された奴隷層まである。

これは儒教の悪影響。上ならへつらうが下と看做せば徹底的に痛めつける。同等という意識はない。

あってもそれは自分に対する敵とみなすので、互いに殺し合いになるだけ。

庶民に教育を与えると支配階級を脅かすことになるのでやらない。

朝鮮人の歴史は、身内同士の殺し合い奪い合いの歴史そのもの。

無から有を生み出そうという発想まるでなしの民族習慣がDNAに染み付くには充分な時間だろう。

汗して働く者を身分の低い者と見下す思想のため、技術者や職人が育たない。

こんな環境では文化が育たなくて当然。

明治政府が国を憂い維新を経て西欧化に富国強兵努力している時に、

彼らはちっぽけな箱の中で、無い者同士で互いに奪い合いをしていた。

(これは20世紀初頭の話で、現在もそうだとは言わない。最近はパクリ文化が増殖しつつある)

韓人は文化不毛を指摘されるとプライドが許さない。だから歴史までウソで固める。

歴史教科書は益々反日化し、自国の歴史も歪曲し虚偽を並べ立て、正当化してくる。

とにかく日本にとっては面倒臭い存在なのである。

こちらが善意で施ししようなら、次は平然と倍額要求してくるのはChinaも同じ。

つけあがるので拘わらないほうがいい。

戦後の多くの歴代大統領が身内の便宜を図り収賄で検挙され不運な生涯を余儀なくされるのは、

儒教の悪影響に他ならない。結局のところ、民のことは眼中になく私欲に溺れるの繰り返し。

これらは儒教を理解出来ない愚衆の為せる結果かもしれない。

あるのは被害者意識と実力の伴わないプライドだけ。

在日の方々は韓国より日本のほうが住み易いので帰らないのだろう。

私は嫌韓嫌中主義者ではないが、民間レベルは別として政治関係者とは上手くやれる自信はない。

これらは歴史上の真実なので、知らない方は是非学んでください。

決してヘイトスピーチではありません。

国民性や習慣を知った上で、後悔のないように付き合いたいものです。

風土によって長年培われたDNAは脈々と受け継がれていきます。

日本人の精神の根底には、古来より分け合う思考や謙虚、労わりという趣きがありますが、

「花は桜木、人は武士」(こころの気高さ)

万国共通語ではありません。通用しない隣人がいることを知るべきでしょう。


ちなみに個人的には「孔子」より「老子」のほうが百倍好きだ。

それに「三国志」。

興味引かれるのは魏の曹操、蜀の劉備、諸葛孔明などの人間像。

1800年経って文明の利器は発達しても人間の内面は何とちっとも進歩がないことか。

2300年前の「老子」ご覧あれ。

100分で名著

https://www.youtube.com/watch?v=VyNwgeF_o0Q&t=14s


次頁に「タイミングツールの作り方」を記載します。






スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す