RSS

半島有事に備え、FXはデイトレで、必ずロスカットを

FXはデイトレで、週や日を持ち越さず、必ずロスカットをつける。
突発事案に要注意!!


■朝鮮半島有事は近い?

 私の立場は、正直言って嫌韓・嫌中です。
それは庶民・民間レベルのことではなく、国家・政府としてのもので、ということ。
韓国人でも中国人でも、親日派の方々を一方的に排除したり嫌うことはしません。
彼らの根底にある、事実と異なる一方的な反日教育で育った民族性は大嫌いだが。
韓国慰安婦問題のベースにある「恨みの文化」を政治的に利用した事大主義的、
ポピュリズムは独特な風土に根付いている。

資源も無くまた工夫する能力もない民族の歴史が証明している。
どれだけ経済援助を与えてもこれで満足ということはない我儘放題の国と映る。
先の大戦に敗北した日本は、
ソ連にはドサクサに紛れて北方四島をドロボー宜しく掠め取られ、
韓国には勝手に李承晩ラインを引かれて竹島を盗まれた。
いま尖閣諸島は支那国に盗られようとしている。

海底資源の話しが出てくると利権に走る中国共産党。
歴代日本政府の弱腰にはうんざりだ。
これら領土問題をみても分かる通り、ひとつを許すことは次の要求を引き出させることになる。
河野談話や村山談話の謝罪が慰安婦問題を起こしたと言える。
河野洋平や村山富市の外交手腕はゼロだった。

もっとひどい菅、鳩山、野田の3バカもいた。
「当の日本が謝罪したんだから本当のことだったんだ」と、お墨付きを与えてしまった。
大和民族の謙虚さや「和を以て尊しとなす」というのは、隣国には通用しないと心得るべきなのに。

民族性を学ばないと国益を損なう過ちを犯すことになる。
竹島の次は「対馬」「九州」「四国」を、慰安婦の次は「徴用工」で賠償と謝罪を、と。

日本の社寺から盗んでいった仏像は自国のものだといい返還しない、

国家間の約束、不可逆的日韓合意も一方的にちゃぶ台返し。
尖閣の次は「沖縄」、その次は「九州」をと要求はエスカレートするだろう。

つきあってられない。
中国の海洋政策は異常なまでの強引さで、武力で押し通してくる。

南支那海、南沙諸島の武力行使をみればその野蛮なやり口がわかろうというもの。

倭国の時代から海洋国家だった日本、半島南半分を支配していた当時、

白村江の戦いまで遡ることができる。

(その証拠に半島で倭国年代以降の前方後円墳遺跡が発見されたではないか、

 ---前方後円墳は朝鮮韓国が日本に伝えてやったのだという恩着せがましい妄想は史実により論破された。)

中国や韓国のような隣国を見るにつけ、飽くなき要求を突きつけてくる国に対する憎悪として

中韓嫌いの雰囲気が生まれても仕方ないような気がする。

(アメリカの人種差別主義とは違う)

ナショナリズムとかそういう類のものでなく。

日本国民はそれほどバカではない。


YouTube動画で観ておくのもカンタンでいい。

呉善花氏は朝鮮人と日本人の習慣文化の違いを克明に言い当てている。
「友達になる」→「あなたのものは私のもの」→ 期待が裏切られると「恨む」。

これが韓国の民族性。
https://www.youtube.com/watch?v=hTJR5MTNbjI

武田鉄矢
https://www.youtube.com/watch?v=b8WDxy_wDAc

小林よしのり マンガ日本史
https://www.youtube.com/watch?v=hL6eEaqsu3Q&list=PL3CC52318C68F6610

------------------------------------------------------------

国を守る自衛力を持たないと将来はない、と思うのだが。


■アメリカのもくろみ

 米南部バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者と反対派が衝突した。
トランプの発言が世論の反発をかっている。支持率は最低。

アメリカはキリスト教徒が大半。一神教。神様と個人との契約。
アメリカ人の3分の1が未だに進化論に対して否定的といわれる。
宗教的見地から、このあいだまで、学校ではダーウインの進化論を教えなかった。
人間の先祖がサルだとは思いたくない、だろうに。
言葉の誤解があるようで、人間とサルのずっと前の共通の祖先、ということ。
最近は進化論を教えるようになったらしい。
白人至上主義は、
黒人が進化して黄色人種になり、そして「白人」に進化する、と。
白人が頂点に立つという主張。
教えてもこの程度
人種差別はなくならない。

ちなみに、1914年日本が国際連盟規約に「人種差別撤廃の規定」を盛り込む提案をしたが、
アメリカとイギリスに強硬に反対され不成立となった。

欧米白人社会は今でもアジア黄色人種をサルだと思っている輩が多い。
広島長崎に原爆投下しても、人間とみてないのだから野蛮行為とは感じていない。


北朝鮮に対して「核兵器容認」と「平和条約」の二つを与え、
その達成後に北が「核を放棄する」というオバマのシナリオは非実現的だ。
北は核もミサイルも未来永劫絶対放棄しないだろう。

「対話、相互理解」という言葉は、「双方による譲歩=痛み分け=負け」を意味する。
「譲歩は負け」と解釈する米朝両国の意識では、対話による解決は成立しない。

外交的平和的解決のための対話は困難とみるべき。
だから軍事衝突は起こるべくして起こると思う。

トランプは武力行使するなら早いほうがいいと思ってるフシがある?

支持率アップにもなる。

(ソウルが火の海になってもアメリカに関係ないし、ね)

国際社会では宗教観や民族性に基づく価値観の相違により、「妥協や容認」は

相手の更なる要求を生じさせると承知しているので、意地の張り合いとなる。

韓国は北を脅威と思っていない、太陽政策で打開できると信じている低次元大統領。

北の不自由な独裁体制に飲み込まれて初めて分かるのでは遅い。

平和ぼけした日本人は他人事を決め込んでいる。


■北朝鮮の挑発

核実験、ミサイルICBM打ち上げ実験、グアムに4発の包囲ミサイル発射予告。

時間が経過すればするほど、
アメリカ本土に対する将来の攻撃可能性がより増大する。

北朝鮮の脅しをアメリカが容認するとは思えない。
グアムへのミサイル発射は対米先制攻撃と捉えうる。

ちょっとキナ臭くなってきました。

トレードとしては異常事態勃発も視野に入れたほうがいいと思います。


7月27日 祖国解放戦争での勝利の日

8月21日から10日間位 夏の米韓合同軍事演習

8月25日 先軍の日

9月1日から米国人の北朝鮮渡航禁止

9月9日 北朝鮮建国記念日

10月10日 党創立記念日

11月11日 母の日

12月21日  12月ソルスティス

12月24日 金正淑の誕生日




スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す