RSS

フィボリトレースの当て方

フィボリトレースの当て方はひとつではありません。

私個人の解釈

--------------------------------------------------------------

一般的には、

1)前日の高安値を100%とする方法(前日比)

 自動で計算表示させるタイプはみんなこのタイプ。

--------------------------------------------------------------

直近及び以前のZigZag波で表される高安値を用いる

2)主要なZIGZAG頂点の高安値を100%とする方法(実際の波の高安比)

 どこを100と見るかにより各人の判断が異なるため、多数の意見とは言い難い。

 マニアックな方は用いている。

 私はこちらをメインにシナリオを考えています。

--------------------------------------------------------------

結論から言うと、

上記両方の重なる比率の場所は強いと考えるのがよい。


20170831-1.jpg

図は本日のドル円

日足3日連続の陽線となるでしょうか?

20:15現在、真上には日足60MAとフィボZONEのR2が

レジスタンスとなり立ちはだかっています。


監視中のトレードならほぼ完璧に勝てると思いますが、

チャートを見ていない場合はそうはいきません。

次の課題は、

上手な「睡眠投資法」。

24:00のフィックスタイムで流れが変わるため、

朝までのホールドは難題です。

シナリオを書いたらOCO注文で決める。

今夜は先読みが出来ないのでこれで終わり。



スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す