RSS

スプレット/各社業界最少0.??銭を謳っているが

DMMの注文チャートはスキャルに向かないことが決定!

先週水曜日の17:30に英)ポンドの指標発表があり、スキャルしようと準備していた。

受講生の利用口座がDMMで、それでエントリーの練習をしようと言うわけで。

「さて、どっち?」と。

1分足で動いた方向にINしたかったのに、大きく窓をあけ、次の足が注文チャート上の

何処にも見当たらない。

「あれ?どこだ?」

数秒後に5分足にしてようやく位置を確認。

これでは、指標スキャルは無理。

5年前と少しも変わってない。

以前に当方もDMM使用経験があり、訳あってやめました。

目が慣れてくると分かるはずです。

利確時に注文板を押すと、利確ポイント候補が4つ位表示されたかと思いきや、

こちらに最も不利なプライスで確定されてしまう。

ベストなタイミングを選んでも、いつもそうなるのは、特別なプログラムを組み込んだなと。

どこも似たり寄ったりだがDMMは特に際立っている。

1分足注文チャートに関してはまだクリックのほうがまし。

しかし、GMOクリック宣伝広告のスプレットは真っ赤なうそ。

変動性なので仕方ないと言われればそれまでだが、

SPが最大で【20pp】なんてザラ。

各社業界最少0.3銭を謳っているが、信じないこと。

SPの狭さを売りにする業者の口裏に乗らないほうがいい。

全部嘘だから!

そうすると何処も信用できないという結果になるんですよ。

注文板SP

スキャル主体の人は、SPの狭さを重視しますが、

こんな状態で「どんだけお得なんだよ」と文句も出る。


こういう記事書くとまた嫌がらせされるんだろうな。






スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す