RSS

昨夜ドル円はウォルフ

2017/11/16(木)

現在ドル円113.157、ポン円148.910、ユロドル1.17750付近。

11/14からユーロが急騰しました。

というか、ドルが弱く売られ気味。

で、ドル円は円高方向に伸びました。

昨夜ドル円はウォルフが的確でした。

20171116-1.jpg

4時間足での観察では、下げ勢いが強く、まだ引き付けポイントからのショートが有効だと思います。

直近安値での反応次第では再度下を狙う可能性は強い。


今日は、スキャル時に急変して期待方向とは逆へ行ってしまった場合のLCポイントを図で説明します。

これは11/14欧州時間スタート時、実際に講習生とレッスンをしていた時の説明図です。

通貨はポン円、5分チャート。

スキャルでは短期チャートで正しくタイミングを計る必要があります。

20171116-2.jpg

期待通りにならなかった場合(多くの場合がそれでは困りますが)、

予め何処で撤退するべきかをシナリオとして描いておかなければいけません。

マイルール構築に当っては、「勝ち方のルール」「負け方のルール」を習得すべき。

最初は勝ち方(手法)に拘る方が多いようですが、上手い負け方(資金管理)こそ重要で、

習得すべきところです。

スキャル感覚でINして期待通りへ伸びれば長くホールドして「利を伸ばす」が目的なのに、

切れずにズルズルホールドで「損失を伸ばす」では、やっている意味がありません。

期待通りにならなければ潔く撤退し、次のチャンスを待つ。

これが本当のルール。

なんでもルールにして自分なりの基準をつくっておくと、考え込まずに即断できます。

「わかっちゃいるけど---」では、熟練工にはなれません。





スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す